« 【走】第6回 新宿シティハーフマラソン 2008.1.27 | Main | 【映画】2007年度日本映画ベストテン »

02/05/2008

【映画】2007年度外国映画ベストテン

0010021001398_01


1月はいろいろなことに忙しくて、ほとんど何も書けなかった。映画ベストテンは、せめて1月中に書こうと思っていたのに、もう2月。とうとうキネマ旬報のベストテン号にまで追い抜かれてしまった。

こんなことをやっていたら、いつ書き上げられるかわからないので、今年は講評なし/部門賞無しの簡略版で、ベストテン結果だけ発表する。


2007年度 外国映画ベストテン

1.ドリームガールズ
2.パンズ・ラビリンス
3.善き人のためのソナタ
4.ヘアスプレー
5.不都合な真実
6.バベル
7.レミーのおいしいレストラン
8.リトル・ミス・サンシャイン
9.300〈スリー・ハンドレッド〉
10.ダイ・ハード4.0


上位3本がダントツ。ただし総体的には、日本映画の凄まじいクオリティに外国映画が圧倒された年だった。


2007年に見た映画は、述べ99本/タイトル数78本。
その内外国映画は、述べ56本/タイトル数43本。
繰り返した見た外国映画は『ドリームガールズ』5回。『パンズ・ラビリンス』『バベル』3回。『リトル・ミス・サンシャイン』『不都合な真実』『ダイ・ハード4.0』『レミーのおいしいレストラン』『善き人のためのソナタ』2回。


(2008年2月)

|

« 【走】第6回 新宿シティハーフマラソン 2008.1.27 | Main | 【映画】2007年度日本映画ベストテン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】2007年度外国映画ベストテン:

« 【走】第6回 新宿シティハーフマラソン 2008.1.27 | Main | 【映画】2007年度日本映画ベストテン »