« 【演劇】劇団東京乾電池『眠レ、巴里』2007.7.31 | Main | 【演劇】黒色奇譚カナリア派『リュウカデンドロン』2007.8.17 »

08/17/2007

【映画】『河童のクゥと夏休み』21世紀日本映画の最高傑作

Photo_10


原恵一が脚本・監督を手がけたアニメーション『河童のクゥと夏休み』。

この映画の内容について、具体的なことを書く気は、まったくない。

いや、それは嘘だ。

書く気がないのではなく、書くことが出来ないのだ。

具体的なことを細かく説明しながら、この映画の素晴らしさを満足いくように表現するなど、自分の筆力の及ぶところではない。どんなに苦労して書き上げたところで、実際に映画を見れば、その何百倍にも及ぶ感動が得られるのだ。この暑いのに、そんな無駄な努力をしても仕方がないではないか。


この作品は、公開前から「本年度ベストワン級の名作」「E.T.を超える感動作」という評判を耳にしていた。その形容は必ずしも間違いとは言えない。
だが、僕にとって、この映画は本年度ベストワンどころの騒ぎではない。少なくとも21世紀に入って作られた日本映画のベストワン、これまでに見た全ての日本映画においても間違いなくベストテンにランクされる。

一見子供向けアニメの装いをまとっているが故に、多くの人が、リアルタイムでは作品としての価値を正確に位置づけられないことだろう。しかしこれから20年30年経ったとき、この映画は『七人の侍』『東京物語』『西鶴一代女』といった古典的名作に連なる日本映画のマイルストーンとして語られることになるに違いない。いや、そうならなくてはいけない。


一口に良い映画と言っても、様々な基準がある。主なものは実験性(前衛性)、映像表現、そして物語といったところか。それぞれの基準において、それぞれに優れた映画がある。では『河童のクゥと夏休み』は、一体どのような点において優れているのだろう。

まず実験性について言えば、さほど語るべきものはない。内容もテーマも語り口も、どちらかと言えばオーソドックスだ。子供にはわからないであろう暗喩も見受けられるが、大げさに誉め称えるほどではない。強いて言うなら、これほど作家性の強い内容と、子供向けアニメにしか見えない装いとのミスマッチが、もっともアヴァンギャルドな点だ。

映像表現について言うと、構図や編集など、映画としての基本的なクオリティは極めて高い。息を呑むほど美しい絵柄もしばしば見られる。しかし基本となるセルアニメと、川の水などに使われているCGがうまくマッチしていないなど、気になる点も見受けられた。そのような技術面に関しては、さすがにピクサーやスタジオジブリの作品に及ばない。非常に優れてはいるが、最高級とまでは言えないといったころだ。


『河童のクゥと夏休み』が絶賛に値する最大の理由、それは実験性でも映像表現でもなく、物語の豊かさにある。
たまに「良い映画とは、人間の真の姿を描いた映画だ」というような言葉を聞く(「映画」が「文学」になることもある)。それだけが絶対的な価値基準だとは思わないが、十分条件としてなら的確なフレーズだろう。

その点、「人間」というものの姿を、これほど豊かに、繊細に、そして多角的に描ききった映画は滅多にない。

人間という存在が持つ、美しさと醜さ、優しさと残酷さ、勇気と臆病さ… それらの要素が同じ人間の中に同居し、年齢や状況に応じて、時にはその場のちょっとした気分によって、どんな風にも変化してしまう危うさ。多くの罪悪は、決してどす黒い悪から生まれるのではなく、羞恥心や虚栄心や好奇心、あるいは孤独感や想像力の欠如など、ほんのささいな心の動きから生まれるものであり、それが結果的に、他者の心や体を深く傷つけてしまうのだという事実。

それら全ての人間描写が、痛いほどリアルだった。時には自分がそんな人間の一人であることが恥ずかしくなり、時にはそんな人間でも他者に優しい心を抱けるのだという感動に心を揺さぶられた。

特に注目すべきは、河童という異物が日常にやってきた時の人々の反応と、それによって引き起こされる状況の、異様なまでのリアルさだ。この手のお話は、『E.T.』をはじめ洋画邦画を問わずしばしば作られているが、本作のリアリティは革命的という言葉に値するものだ。少なくとも日本映画で今後この手の話を作る場合、『河童のクゥと夏休み』が達成したリアリティに意識を払わなかったら、その映画は子供だましのそしりを免れまい。似たようなことは、かつて金子修介/伊東和典/樋口真嗣による平成ガメラが登場したときにも起きたが、本作の革命度はそれを遙かに超え、ガメラシリーズさえ一挙に古臭いものにしてしまう力を持っている。

冗談でも何でもなしに、その人間描写の鋭さとリアリティは、先述した黒澤、小津、溝口らの最高の映画に比肩しうるものだ。

前評判で引き合いに出されていた『E.T.』は、確かにストーリー面でよく似た部分がある。しかしそれだけに、この映画と比較してしまうと、その人間描写がいかに単純なもので、物語に奥行きが欠けていたかが、残酷なほど露わになってしまう。『E.T.』は決して嫌いな映画ではない。と言うよりけっこう好きな映画なのだが、『河童のクゥと夏休み』を見たら、『E.T.』が急に子供だましの映画に思えてきたから恐ろしい。
もしこの映画に最も近い作品を1本上げろと言われれば、僕は『E.T.』ではなく、テレンス・マリックの『ニュー・ワールド』を上げる。あの作品から超絶的な映像美を取り除き、その代わり誰にでも理解しやすい物語性と細やかな人間描写を加えると、ちょうどこんな作品になるのではないか。詳述はしないが、物語やテーマの面で共通する要素は極めて多い。


その子供向けアニメとしての装いゆえに、鑑賞対象から完全に外している映画ファンも多いことだろう。しかし、どうかパッと見の印象や硬直した価値観にとらわれることなく、何としてでもこの映画を見て欲しい。劇場が無理なら、DVDでもいいから、必ず見て欲しい。


同時期に公開されているピクサーアニメ『レミーのおいしいレストラン』で、料理評論家アントン・イーゴがラタトゥイユを食べた時の驚きと感動を、僕はこの映画を見ることで味わうことが出来たようだ。

イーゴは映画の中で、このような台詞を言う。

「評論家も、時には冒険をする。多くの人々は未知のものに対して保守的で、まったく新しい才能が登場すると、それを拒絶し、時にはつぶしにかかることもある。評論家の重要な使命は、そのような才能を擁護し、育てることだ。誰もが芸術家になれるわけではないが、誰が芸術家になってもおかしくはないのだから…」

僕もイーゴを見習い、冒険をしなくてはなるまい。

その目的は、さしてヒットをしているわけでもない、子供向けアニメの装いをまとった、この映画に正当な評価を与えることだ。


最後にもう一度言おう。

『河童のクゥと夏休み』こそ、21世紀の日本映画が生み出した最高傑作なのである。


(2007年8月)

|

« 【演劇】劇団東京乾電池『眠レ、巴里』2007.7.31 | Main | 【演劇】黒色奇譚カナリア派『リュウカデンドロン』2007.8.17 »

Comments

もう、嬉しくて涙が出るレビューです。
ほんとうにこの映画は革命的な素晴らしさ。
とりわけ物語の豊かさには言葉を失います。
謙虚にその事実を受け止めたいです。

Posted by: えい | 08/17/2007 12:40

えいさん、ありがとうございます。
僕は東久留米もさることながら、遠野を訪れてみたくなりました。

Posted by: ぼのぼの | 08/17/2007 15:34

蛇足ながら一筆。

「21世紀の日本映画最高傑作」とブチ上げるにあたって、適当に大言壮語するわけにもいかないので、この10年ほどの日本映画で『河童のクゥと夏休み』と肩を並べうる日本映画をリストアップしてみた。結果は以下のような感じ。

『CURE』(1998)
『ナビィの恋』(2000)
『回路』(2000)
『リリィ・シュシュのすべて』(2001)
『誰も知らない』(2004)
『運命じゃない人』(2005)

もちろんどこに重点を置くかで評価は変わってくる。たとえば映画的な実験性を重視すれば、明らかに黒沢清の2作の方が上だろう。しかし様々な価値を総合して、多くの人の心を強く揺り動かす力、映画の古典として語り継がれる可能性では、『河童のクゥと夏休み』の方が上だろう。また黒沢の2作と『ナビィの恋』は20世紀の映画なので、厳密に21世紀に限れば、躊躇なく『河童のクゥと夏休み』を最高傑作に上げることが出来る。

その過程で、ここ10年ほどの日本映画の主なタイトルをざっと見直したのだが、意外なほど小粒な作品ばかりなのに驚いた。前述の作品群も、決して多くの人に見られたヒット作とは言い難い。強いて言えば『誰も知らない』が興業的にもそれなりに当たったくらいか。
全体としては、興行的なヒット作と芸術的に高いクオリティを持った作品の乖離が激しい10年間だったように思う。その高いクオリティを持った作品の中でも、古典として語り継がれそうなものは極めてわずかだ。キネ旬のベストテンを見ても、たとえば2001年のベストワンである『GO』など、今ではあまり語る人もない映画だ。確かにあの年「最も活きのいい映画」であったことは確かだが、鮮度命の映画ゆえ、賞味期限は意外なほど短かったようだ。

上記以外にも、個人的に愛してやまない映画は何本もあるが、どれも小粒だったりマニアックだったりする印象は免れず、同時代の外国映画や、1970年代までの傑作に比べると、見劣りするのは否めない。日常的に日本映画を見て楽しんでいるので、その鳥瞰図には、いささか意外な感じがした。つまり佳作〜傑作レヴェルは数多く生み出されていて平均点は高いが、歴史的な名作は極めて少ない、とりわけ芸術性と娯楽性のヴァランスが撮れた作品が少ないということか。

そうなると、宮崎駿という人が、いかに希有な存在かがわかるが、個人的には『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』の2作はあまり高く評価していないので、とりあえず横に置いておく。

ともあれ『河童のクゥと夏休み』のように、芸術性と娯楽性を兼ね備え、人間の細やかな感情と歴史の巨大な流れを同時に描ききったような作品が、これからも生まれてくることを願ってやまない。

Posted by: ぼのぼの | 08/17/2007 15:35

あ、『花とアリス』(2004)を入れ忘れてた。

Posted by: ぼのぼの | 08/17/2007 16:29

はじめまして
私が一番感動したのは「父ちゃん、ごめん 俺人間の友達ができたよ」というシーンです。その後、風が川面を吹きます。これは僕の推測なのですが、この風はきっとクゥのお父さんが吹かせたのではないかと思います(龍を呼んだ時と同じように)。「謝ることなんか無いんだよ。 人間の友達ができてよかったね」という意味を込めて。そう信じたいです。

お父さんを人間に殺されたクゥが「人間の友達ができたよ」と言ってくれて本当に嬉しかったです。

Posted by: 大学生 | 08/19/2008 22:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『河童のクゥと夏休み』21世紀日本映画の最高傑作:

» 河童のクゥと夏休み/田中直樹、西田尚美 [カノンな日々]
子供向け映画なのに子供がほとんどいない客席ってどうよ?(笑)まぁお客さん自体が20人ちょいなんだけど夏休み中のファミリー映画でこういう環境だと落ち着いて観賞出来て助かりますぅ。今回は貯まりに貯まったTOHOシネマズのポイントで勝手に無料鑑賞キャンペーン中♪ 公....... [Read More]

Tracked on 08/17/2007 11:34

» 文化庁支援の意図が分からない。『河童のクゥと夏休み』 [水曜日のシネマ日記]
突然、現代に現われた河童と、それを取り巻く周囲の人間たちの物語です。 [Read More]

Tracked on 08/17/2007 12:05

» 『河童のクゥと夏休み』 [ラムの大通り]
----あれっ、これ携帯の写真だよね。 映画のシーンとは違う。どういうこと? 「うん。この前観た『河童のクゥと夏休み』が あまりにも素晴らしくて ちょっとロケ探訪してきたってわけ。 ここはこの映画の 重要な舞台となる黒目川」 ----へぇ〜っ。でも確かそれってアニメだよね? 「そう。 あの大傑作 『クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の監督、 原恵一初の“マンガ原作ではない”アニメ。 この映画は 東久留米在住の児童文学作家・木暮正夫の原作が基になっているんだ」 ----ふうん... [Read More]

Tracked on 08/17/2007 12:41

» 河童のクゥと夏休み 87点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
遠い海から来たCoo 公式サイト 木暮正夫の児童文学『かっぱ大さわぎ』を着想に、藤子アニメおよび『クレヨンしんちゃん』の監督で知られる原恵一によって作られた、家族向けアニメ映画。 原恵一と言えば、クレしん映画『オトナ帝国の逆襲』『戦国大合戦』にて、子供よ...... [Read More]

Tracked on 08/17/2007 13:46

» 河童のクゥと夏休み [めでぃあみっくす]
あの原恵一監督の最新作、そして初日の初回上映では「きゅうりのQちゃん」がもらえるということもあって早速見てきましたが、またしても原監督はやってくれましたね。 アニメーションとしては『時をかける少女』のマッドハウスや『ブレイブストーリー』のGONZOと比べても少...... [Read More]

Tracked on 08/17/2007 21:18

» 感想『河童のクゥと夏休み』 [N氏の映画館:不定期日記]
(監督:原恵一) [2007年シンエイ動画ほか製作委員会/2時間18分] 2007年8月7日/ルミエール秋田5/ビスタ/DOLBY SRD-EX/★★★★★/パンフレット600円 ◆久しぶりに、良いア [Read More]

Tracked on 08/17/2007 21:49

» ★ 『河童のクゥと夏休み』 [映画の感想文日記]
2007年。「河童のクゥと夏休み」製作委員会。   原恵一監督・脚本。小暮正夫原作。   日本製アニメを劇場で見るのは初めてのような気がする。それほどに、これまでジャパニメーションと呼ばれるものを見下してきたのは、たまたま見た... [Read More]

Tracked on 08/17/2007 22:16

» 「河童のクゥと夏休み」 [みんなシネマいいのに!]
 ポスターを見ると「『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国 [Read More]

Tracked on 08/18/2007 08:22

» 河童のクゥと夏休み [映画通の部屋]
「河童のクゥと夏休み」製作:2007年、日本 136分 監督、脚本:原恵一 原作 [Read More]

Tracked on 08/18/2007 21:31

» 河童のクゥと夏休み [八ちゃんの日常空間]
きっちり作ってきましたね〜。日本のアニメは世界に誇れるといいますが、この作品、技術的なことだけではなく内容もいいです。数年に一度の作品ではないでしょうか。 [Read More]

Tracked on 08/18/2007 22:03

» 夏休みは「河童のクゥと夏休み」へ、どうぞ… [大口工場・SARU-SARU日記]
大好きな原恵一監督の最新作「河童のクゥと夏休み」を見てきました。 まさに期待を裏切らない出来…「日本に生まれてよかったぁ…」と思える素晴らしいアニメーション映画です。上映中、SARUは幾度となく笑い、そして涙しまし... [Read More]

Tracked on 08/18/2007 22:32

» 「大人」が喜ぶ子供映画●河童のクゥと夏休み [Prism Viewpoints]
監督自身への愛情は感じるものの、子供や社会への愛情は感じられない。 監督の浅い考えが露呈した、独りよがりな駄作映画。 『河童のクゥと夏休み』 『河童のクゥと夏休み』 ウィキペディア(Wikipedia) 監督・脚本:... [Read More]

Tracked on 08/19/2007 13:04

» 【2007-108】河童のクゥと夏休み [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 何百年もの時を超え 康一の家にてやってきた ちいさな訪問者 名前はクゥ 人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと 少年・康一が贈る感動の物語 人間の友達ができちまった。 ... [Read More]

Tracked on 08/20/2007 01:19

» 『河童のクゥと夏休み』 [たーくん'sシネマカフェ]
夏休みだからか、アニメ作品が多い。最近アニメ観すぎ?で自粛したかったのですがこのアニメ泣けるらしい。+良かったということで鑑賞。この映画は横浜のららぽーと併設のTOHOシネマズまで行きました♪(8月末まで会員はいつでも1300円です) 監督・脚本:原恵一 原...... [Read More]

Tracked on 08/22/2007 01:13

» 『河童のクゥと夏休み』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> 人間が犯して来た環境破壊へのメッセージを、河童のクゥと、クゥを発見したある家族とのひと夏の触れ合いを通して描いていく作品だ。 客席はやはりファミリー層、特に母親と小さな子供... [Read More]

Tracked on 08/23/2007 17:36

» 河童のクゥと夏休み [Schicksal]
河童のクゥと夏休みををシネリーブル池袋で見てきた。 クゥ(冨澤風斗)は江戸時代からよみがえった、河童の子供。 上原康一(横川貴大)は東京都東久留米市に住む小学生。父・ [Read More]

Tracked on 08/25/2007 02:36

» 「河童のクゥと夏休み」 [元・副会長のCinema Days]
 アニメーションに似合わない2時間18分の長尺だが、中身は濃い。出来も“夏休みの子ども向けアニメ”の枠を超えた充実ぶりだ。かつて劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズの「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」という二大傑作をモノにした原恵一監督は、やっぱり端倪すべからざる才能の持ち主だ。  木暮正夫の児童文学を原作に、江戸時代に仮死状態になったがひょんなことで現代に蘇った河童のクゥと小学生・康一との関係を描くアウトラインは、平凡な家庭の中に異分子が紛れ込んで騒動を起こ... [Read More]

Tracked on 08/25/2007 20:29

» 河童のクゥと夏休み [Akira's VOICE]
笑顔と涙いっぱい。 [Read More]

Tracked on 08/27/2007 12:20

» 河童のクゥと夏休み [HappyMaker.com]
僕の大好きな作品「クレヨンしんちゃん~アッパレ戦国大合戦~」の監督である原 恵一さんが長年温めてきた作品。 クオリティの高さは、他の方のレビュー並びに満足度から容易に想像できるのではないかと思います。 河童のクゥ、そして飼い犬の“おっさん”目線で描...... [Read More]

Tracked on 08/28/2007 21:29

« 【演劇】劇団東京乾電池『眠レ、巴里』2007.7.31 | Main | 【演劇】黒色奇譚カナリア派『リュウカデンドロン』2007.8.17 »