« 【映画】『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』女王は死すとも忘れられず | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『海猫街』2006.10.27&11.11 »

11/29/2006

【本】『グレート・ギャツビー』フィッツジェラルド(村上春樹 訳)

403504


スコット・フィッツジェラルドという作家、とりわけ『グレート・ギャツビー』という本が、村上春樹にとって極めて重要な存在であることは以前から知っていた。本書の訳者あとがきでも、彼は「これまでの人生で出会った最も重要な三冊の本」として、『グレート・ギャツビー』、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』を上げ、その中でも一冊だけと言われたら『グレート・ギャツビー』を上げるとまで言っている。つまり村上にとっては、生涯で最も重要な本というわけだ。

そんな大切な本を、いつか翻訳業の総決算のような形で訳したいと書いているのは、以前から知っていた。それが実現したのが本作だ。


読み始めてすぐに、翻訳でありながら、使われる言葉や文体が非常に村上春樹らしいことに驚かされた。村上の翻訳は何作か読んでいるが、そのどれと比べても彼の個性がにじみ出ている。原書と比べてみて、使われる言葉の選択だけでなく、語尾のリズム感や、本来一つの文を一度句点で切ったりするフレージングに、彼らしさがにじみ出ていることがわかった。


しかし最初のうちはまったく物語に乗れなかった。村上の簡潔な翻訳をもってしても、フィッツジェラルドの装飾過剰な文章に、まだるっこしい印象を覚えたからだ。また主人公であるはずのギャツビーが、いつまで経ってもまともに出てこないため、作品の輪郭がなかなか掴めず、「これは一体どういう物語なんだ?」とイライラした。

そもそも僕は、村上が翻訳する作品とはあまり相性がよろしくない。『本当の戦争の話をしよう』のような傑作もあったが、同じ作家(ティム・オブライエン)の『ニュークリア・エイジ』は今ひとつだったし、レイモンド・カーヴァーの良さは未だにわからない。そしてサリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』は、誰のどの訳であれ、自分にとってはどうでも良い作品であることを再確認するにとどまった。「好きな作家の好きな作家」が必ずしも「好きな作家」になるとは限らない。僕にとって村上春樹は、その傾向が特に顕著であり、今回もそれを証明することになりそうだと思った。

しかしギャツビーが本格的に姿を現す第三章から、ようやく本書は輝きを放ち始める。彼がどんな人物で、何を目的としているかが明らかになってくる第五章からは、もはや目が離せなくなる。そして全九章を読み終えたとき、退屈に思えた第一章、第二章も、この物語には決して欠かせないものであり、様々な伏線が張り巡らされていたことに気づく。その確かな構成に、息を呑む。

ストーリー自体は特に高尚なものではない。そこで語られるのは、ある男の滑稽とすら言える恋物語だ。しかも設定は少なからず荒唐無稽。時間的・空間的に壮大な展開があるわけでもなければ、深遠な思想が込められているわけでもない。表層だけ見れば、メロドラマ以外の何ものでもない。
それが単なるメロドラマの域を超えた感動をもたらすのは、ギャツビーの失われたロマンスの向こうに、人生の本質に肉薄した「喪失」の物語が立ち現れてくるからだ。
確かにギャツビーの恋は愚かで滑稽なものかもしれない。だがその末路は、さながらシェイクスピアの『リア王』のように、普遍的な悲劇性を帯びている。特に慄然とさせられるのは、終盤のデイジーの行動だ。この作品が単なるメロドラマに終わらなかった重要なポイントは、デイジーという女性を最終的にメロドラマのヒロインとして描かなかった点にあるようだ。

すでに述べたように作品の構成は絶妙。建築学的な美しささえ放っている。何気ない描写の一つ一つに明確な意味が込められていたことが明らかになる終盤は、さながらミステリーの謎解きのようだ。しかもただの技巧に走ることなく、一つの謎が明らかになるごとに、ドラマは陰影を深めていく。筆致は最後まで穏やかさを崩さず、これ見よがしな盛り上げは微塵も見られない。にも関わらず、ドラマは紅蓮の炎を音もなく吹き上げ、爆発を続けていく。これは、多くの小説家が目指す境地ではなかろうか。

「喪失」は村上春樹の諸作にもしばしば表れるテーマだが、この作品に溢れる乾いた叙情性と象徴性の高さは、村上自身の作品にはないものだ。彼が、この作品に大きな影響を受けつつも独自の小説を書き続け、翻訳まで手がけることが出来たのは、そんなスタンスの違いによるものだろう。


最初は集中力を欠いたまま読んでいたせいもあって、まだこの作品の真価を十全に理解できていないように思う。もう一度読み返した後、原書にも挑戦し、この甘美さと酷薄さに満ちた作品を深く味わいたい。ちなみに原書は、以前「この程度なら読めるかも」と思って買ったのだが、その直後に村上が翻訳に取りかかったことを知り、先にそちらを読んでからにしようと読まずに取っておいたのだ。もう一度翻訳を読めば大筋を誤ることはないので、英語でもかなり楽に読めるだろう。あの装飾過剰に思える文章も、英語で読めば、きっと音楽的な響きを持ってくるに違いない。


少なくとも今の時点では「人生で出会った最も重要な三冊の本」まではいかないものの、重要な本の一冊にはなりそうだ。他のフィッツジェラルド作品も、引き続き村上春樹の訳で読んでいこうと思っている。また、彼が前述の三作に入れていたチャンドラーの『ロング・グッドバイ』もすでに村上訳が完成していて、刊行を待っている状態らしい。そちらも楽しみだ。


(2006年11月)

|

« 【映画】『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』女王は死すとも忘れられず | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『海猫街』2006.10.27&11.11 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【本】『グレート・ギャツビー』フィッツジェラルド(村上春樹 訳):

» グレート・ギャツビー 内容より村上春樹の新訳を楽しむ? [ハムりんの読書 感想日記 おすすめの本]
グレート・ギャツビー  感想☆☆☆☆ フィッツジェラルド 村上春樹訳 中央公論新社  「The Great Gatsby」を村上春樹さんが  ついに翻訳しました、というので、  つい買ってしまいました。  「マイ・ロスト・シティ フィッツジェラルド作品集」  の発刊から約20年間、  ずっとフィッツジェラルドを訳していますが、  (「マイ・ロスト・シティー」も新訳を出してますね)  とうとう、代表作「グレート・ギャツビー」まで…。  バブル全盛期の「作品集」よりも、 ...... [Read More]

Tracked on 11/29/2006 06:32

» 『グレート・ギャツビー』 華麗なる翻訳文 [粗製♪濫読]
著者:スコット・フィッツジェラルド、村上春樹訳  書名:グレート・ギャツビー 発行:中央公論新社 流麗度:★★★★★ 村上春樹氏が20年間目標とした小説を遂に翻訳。 <ニックはニューヨーク郊外ウェスト・エッグの小さな家に住んでいた。その隣には謎の億万長者であるギャツビー氏の邸宅があり、そこでは毎週末、豪華なパーティーが催されていた。ある日、ニックはそのパーティーに招待され、ギャツビーと出会う。そして後日、女友達であるジョーダンを通して、ギャツビーからある頼みごとを持ちかけられる。>... [Read More]

Tracked on 12/02/2006 22:05

« 【映画】『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』女王は死すとも忘れられず | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『海猫街』2006.10.27&11.11 »