« 【映画】『スーパーマン リターンズ』映画史を継承する、愛の物語 | Main | 【ライヴ】Cocco 2006.8.10 »

08/16/2006

【映画】『ユナイテッド93』見ないで済ませたかった傑作

324192view001


2001年9月11日、テロリストによってハイジャックされた4機の飛行機の内2機はワールドトレードセンターに、1機はペンタゴンに激突した。しかし残る1機、ユナイテッド93便だけはペンシルベニア州の郊外に墜落し、乗客乗員全員が死亡したが、地上に被害者を出すことはなかった。

5年前に起きた、誰もが知る歴史的事件をドキュメンタリータッチで描いた映画。


まず映画としての長所と短所を述べよう。


大きな短所として上げられるのは、ドキュメンタリータッチに固執し、ドラマ的な演出を極力排したため、前半がかなり退屈になってしまったこと。あちこちの管制センターがカットバックで描かれるのだが、それがあまりに急がしすぎて、日本版でテロップが付け足されているにもかかわらず、誰がどういう人物で、どの組織がどういうポジションにあるのかのかがよくわからない。
さらにまいったのは、カメラが激しく揺れ動く上に、カットが非常に細かいため、字幕を読むのがかなりつらいこと。目がチカチカしてきて読むのを諦めてしまった部分さえある。まあ字幕を読まずとも、何が起きているのか(起きたのか)大筋はほぼわかっているので、致命的な問題にはなっていないのだが。

そもそも前半で、管制センターや軍部の動きをあれほど描写する必要があったのだろうか? 後半は完全にユナイテッド93便の中だけに話が絞られて、前半に出てきた人々がまったく登場しなくなってしまう。そこまで来て初めて映画が異常な緊張感を持ち始めるのだから、そもそも最初から93便の中だけを延々と描き続けた方が正解だったのではないだろうか?

とは言え、前半の管制センターの描写が、あの9月11日の雰囲気を鮮明に甦らせてくれることは確かだ。また93便だけに話を絞った場合、どうしても観客一人一人のキャラクターや人生模様を描き込むことになって、ドラマ的な要素が濃厚になってくる。それを避けたかったという狙いは分からなくもない。また、前半の退屈さやチャカチャカしたカッティングが、作品の価値をそれほど大きく損ねているわけでもない。これがベストな語り口だったかどうかは疑問だが、一つの方法として認めることは出来る。


長所について述べれば、まずポール・グリーングラス監督の演出だ。話が93便の中に絞り込まれてからの緊迫感は尋常ならざるもので、前半だれきった姿勢で見ていたのが、いつの間にか姿勢を正し、結果はわかっているにも関わらず、食い入るように画面に見入ってしまった。ある意味、これこそパニック映画の最高峰と言えるかもしれない。
またこの作品が、政治的プロパガンダや浅薄なメロドラマに堕すことを免れた最大の理由は、テロリストを単なる悪役にしないのはもちろん、乗客を美化することも避けた、クールな視点にある。これも脚本を担当したグリーングラスの功績だろう。

この作品を見て考えさせられたことは山ほどあるのだが、中でも印象深かったのは、乗客が「これ以上、地上の犠牲者を出さないため」といった類の言葉を一切口にしないことだ。
何故ユナイテッド93便の名が、今も大きな感動をもって語られるのか? それは乗客が反撃を企てたことで、ハイジャックされた飛行機の中で唯一テロリストが目標を果たせず、地上に一人の犠牲者も出さなかったからだ。
そして大部分の人間は、「地上に一人の犠牲者も出さなかった」という点にとりわけ感動する。それは911という大きな悲劇におけるわずかな救い、人間の尊厳を示す出来事のように見えるからだ。
しかしこの映画は、そのような見方をやんわりと否定する。テロリストと闘う乗客たちは、あくまでも自分たちが生き残ることを目的に立ち上がる。決して「地上の犠牲者をこれ以上増やさないため」ではない。それは当然のことだろう。確かに彼らは、携帯電話を通じて、他の飛行機がワールドトレードセンターやペンタゴンに衝突したことは知っていた。しかしテレビでリアルタイムの映像を見ていた我々ですら、その大惨事が意味するもの、とりわけそこにいる人々がどんな状況にあるかを飲み込むのにずいぶん時間がかかったのだ。目の前に血まみれの死体が転がり、自分自身がハイジャックされた飛行機に乗っている圧倒的不条理の前では、伝聞のように伝わってくる外の状況など、ほとんどリアリティを持たなかったに違いない。理性の片隅で、その意味は考えたかもしれないが、彼らを突き動かしたものは、決して正義感や政治的な意識ではなく、「このままでは殺される」「何としてでも生き延びなくては」という、生物としての根本的欲求だったはずだ。そんな当たり前のことに、ようやく気づくことが出来た。その一点だけでも、この映画には大きな存在意義がある。

それは一方のテロリスト側にも言える。この映画は、テロリスト側、乗客側のどちらに対しても善悪の判断を下さず、そこで起きた出来事をあたかもドキュメンタリーのように淡々と描写する作品だ。もちろん生存者がいない以上、描かれた物語の多くはあくまでもドラマなのだが、それは十分すぎるほど「実際にありえたドラマ」あるいは「実際に起こったであろうドラマ」であり、非難されるべき誇張はほとんど見あたらない。
そのようなクールな視点から描かれたテロリスト4人の姿には、憎しみよりも、憐れさや同情が先立ってしまう。これも映画を見て初めて納得できたことだが、たった4人で44人の乗客乗員がいる飛行機をハイジャックし、数十分飛行した後目的地に首尾良く衝突するというのは、本当に困難な作業なのだ。乗客も怖いだろうが、犯人側も怖い。ちょっとでも隙を見せたら反撃されるので、最初にいきなり一人の乗客を殺してデモンストレーション、その後もちっぽけな武器で威嚇しまくるが、いかんせん多勢に無勢。じりじりと迫る反撃の恐怖。パイロットを務める犯人は、実際に大型旅客機を飛ばすのは初めてなので、最初からいっぱいいっぱいで汗ダラダラ。その緊張や恐怖感が手に取るようにわかるため、見ているこちらまで胃が痛くなる。
ついに勃発する乗客の反撃。この描写が凄い。「愛するものを守るための正義の闘い」などではまったくない、むき出しの残酷な暴力。一切の容赦無く犯人に襲いかかる乗客の姿は、はっきり言えば、ゾンビ映画で人間に襲いかかるゾンビの姿そのものだった。
しかし、それがごく当たり前の現実だったのだろう。


そして『ユナイテッド93』という映画は、ドラマ性を排し客観的な視点に立つことで、通常の商業映画ではありえないタイプの感動を与えてくれるのと引き替えに、「見終わった後の救いの無さ」という十字架を背負うことになる。

乗客には生きて家族のもとに帰りたいという強い希望がある。
犯人には飛行機をホワイトハウスに突っ込ませたいという強い希望がある。
相容れぬ二つの希望は、どちらも達成されることはない。
最初から結果はわかっているにも関わらず、その結果が出た瞬間の虚しさは、あまりにも大きい。

乗客と犯人は、それぞれ自らの希望が達成されることを神に祈る。キリスト教とイスラム教は本来兄弟のような宗教であり、彼らが祈る「神」はまったく同じ存在だ。
相反する祈りを捧げられた神は、どちらの祈りも聞き届けることなく、両者の命を奪い去る。
それは人間の愚かさに対する神の怒りなのだろうか?
それとも彼らが考えるような神など最初からいないことの証なのだろうか?


そろそろ結論を言おう。

『ユナイテッド93』は、決して映画史を塗り変えるようなタイプの作品ではない。そもそも純粋に映画として見た場合、幾つもの欠点がある。だがたとえメディアを通してであれ、911をリアルタイムで目撃し、その後の世界の変化を知る者なら、この作品に何らかの感動を覚えずにはいられないだろう。見る者の胸に強い印象を残す、傑作の名に恥じぬ作品だ。


しかしこの映画をあえて一言で評するなら「二度と見たくない傑作」、あるいは「出来れば見ないで済ませたかった傑作」という言葉が最もふさわしい。

この映画を見終わった後の虚しさ、救いの無さは、それほど深く大きなものだからだ。


すでに述べてきたように商業的なドラマ性を極力排した作品だが、乗客の一人が携帯電話で家族と最後の会話を交わした後、隣の人に「あなたも大切な人におかけなさい」と言って携帯を渡すシーンでは、さすがに目頭が熱くなったことを、最後に付け加えておく。


(2006年8月)

|

« 【映画】『スーパーマン リターンズ』映画史を継承する、愛の物語 | Main | 【ライヴ】Cocco 2006.8.10 »

Comments

『出来れば見ないで済ませたかった傑作』というタイトルにすごく共感します。

見終わった後の救いのなさや虚しさ。
それを感じさせるのも映画の力なんだなとすごく感じました。

でもそんな映画が作れない世界になってほしい。
本当の神がいるならそう願わずにはいられません。

Posted by: 傷だらけの天使 | 08/20/2006 13:06

こんばんは。
今年は「見ないですませたかった傑作」がたくさんありますね。ホテルルワンダやイノセントボイスなど。。。
見ないですませたかった真実がなくなる事を祈りたいです。

Posted by: よしなしごと | 08/21/2006 02:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『ユナイテッド93』見ないで済ませたかった傑作:

» ユナイテッド93/UNITED 93 [我想一個人映画美的女人blog]
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。 大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、 生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。 あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、 どうせハリウッドスター使って、、、ハリウッドの儲け主義め{/face_ang/}!! 遺族たちの傷だってまだまだ癒えていない、たった5年じゃ。。。 でも何年経ったっ�... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 01:27

» 『ユナイテッド93』 [ラムの大通り]
実を言うとこの映画はぎりぎりまで観るのをためらっていた。 映画館の予告篇で映し出される 乗客と家族との電話、 そして決死の覚悟で犯人たちに向かっていく乗客たち。 脳裏には5年前の9.11の夜が甦ってくる。 あの日、ぼくは学生時代の仲間との飲み会で新宿に出かけた。 妙な予感があったわけでもないだろうが、珍しく会は盛り上がらず、 だれ一人として二次会を提案する者もなく めいめい自分の家へと帰っていった。 そこでぼくを待ち受けていた... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 08:55

» ユナイテッド93 [Akira's VOICE]
緊迫感に満ちた迫真の再現映画。 疲れと同時に平和への思いが沸き立つ。 [Read More]

Tracked on 08/16/2006 10:47

» ユナイデット93 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
評価:★6点(満点10点) 監督:ポール・グリーングラス 主演:ハリド・アダブラ ポリー・アダムス オパル・アラディン 2006年 111min 2001年9月11日− 4機の旅客機がハイジャックされた。 3機はターゲットに到着。 これは、4機目の物語....... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 11:27

» ユナイテッド93 [SIDEWALK TALK]
ここ2日間、重たいブログになってたんで、映画でも観てリフレッシュして、そのレビューを書こうと出かけました。 先日見そこなった『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のつもりだったんですが、上映時間の関係とか生来の気まぐれとかで、事前知識なしで『ユナイテッド93』に変更。この映画、追い... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 11:43

» 「ユナイテッド93」事実から目を逸らすな [soramove]
「ユナイテッド93」★★★★ ポール・グリーングラス監督、2006年、アメリカ 忘れられない記憶9.11 ハイジャックされ、 唯一目標点に到達しなかった 飛行機の中で何が起きたのか。 何が絶対的な正義なのか 曖昧な時代だ それでもどんな崇高な目的の為であ...... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 19:38

» ユナイテッド93 [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
もうすぐ5年か。。。 誰もが知ってるであろうこの事件。 何回見ても飛行機がビルに突っ込む瞬間は心に突き刺さる。 事件自体は様々な疑惑や疑問があって、きっと真相はわからない。 [Read More]

Tracked on 08/16/2006 23:07

» 【劇場映画】 ユナイテッド93 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 2001年9月11日。ニューアークの空港は、朝の喧騒に包まれていた。離陸の準備を整えたユナイテッド航空93便は、40名の乗客を乗せ、サンフランシスコへ飛び立つ。その直後、ワールド・トレード・センターに2機の民間機が激突した。その頃、ユナイテッド93便の機内でも、テロリストが爆弾を持って操縦室を制圧。機内は混乱に陥るが、地上で起こっている事態を知った乗客と乗員たちは、わずかな武器を手に立ち上がった…。(goo映画より) なんとも言い表しにくい映画だ。 苦しいだけでは足りない。... [Read More]

Tracked on 08/16/2006 23:55

» 『ユナイテッド93』2006・8・14に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ユナイテッド93』? 公式HPはこちら ●あらすじ 2001年9月11日、40名の乗客乗員を乗せ、サンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド93便。しかし、次々と不穏な動きをする飛行機を管制官が気づき、騒ぎになっていた・・ ●コラム あの9・11の時は皆... [Read More]

Tracked on 08/18/2006 13:21

» 風化させられない事実『ユナイテッド93』(2006年12本目) [ON THE ROAD]
もうすぐ5年目のあの日 2001年9月11日・・・アメリカで同時多発テロ発生 アメリカの東海岸上空で4機の民間旅客機がハイジャックされ、 そのうちの2機があのニューヨークの貿易センタービルに突入。 未曾有の大惨事を引き起こした。 これは誰もが知っている事件だと思う。 さらにもう1機はワシントンのアメリカ国防省(ペンタゴン)に 突入。 これは日本だと意外と知らない人が多いかもしれないな。 残りの1機は自爆テロを... [Read More]

Tracked on 08/20/2006 12:58

» ■一つ一つの事実を積み上げた最高のフィクション〜ユナイテッド93 [AKATUKI DESIGN]
実にリアリティに富んだフィクションだった。 ユナイテッド93は5年前の2001年9月11日の同時多発テロの最後の犠牲となった飛行機で、唯一攻撃目標を外れ不時着した飛行機である。 この映画”ユナイテッド93”はその飛行機の乗客の家族・管制官や軍事関係者に対する大量のインタビューによる裏づけに基づく映画。 実際に飛行機の中で起こりえた事は全くの未知な題材を、一つ一つの証言をもとにつなぎ合わせたドラマである。 --- あの恐怖の瞬間私は、会社で仕事中�... [Read More]

Tracked on 08/20/2006 14:15

» ユナイテッド93 とてもおすすめです! [よしなしごと]
 9・11事件を描いたユナイテッド93を見てきました。テーマが重いだけあって、気合いを入れてみなければ・・・。 [Read More]

Tracked on 08/21/2006 02:12

» 映画:ユナイテッド93 試写会 [駒吉の日記]
「ユナイテッド93」ブロガー限定試写会@UIP試写室 「『愛している』と伝えて」 2001.9.11、確か夜のニュース番組の速報でWTCの映像をみました。 AA11 07:59-08:46 ->WTC UT175 08:14-09:03 ->WTC  AA77 08:30-09:37 ->ペンタゴン UT93 08:42... [Read More]

Tracked on 08/21/2006 16:28

» ユナイテッド93 UNITED 93 [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン、タラ・ヒューゴ サイモン・ポーランド、デヴィッド・ラッシュ主演 朝イスラムの祈りを終えた中東系の4人は空港へ向かいます 2001年9月11日 ニューヨーク上空は朝のラッシュアワーの時間 空には多くの航空機が飛んでいました ユナイテッド航空93便も乗客を乗せニューアーク空港を飛び立ちます 目的地はサンフランシスコ 機内では朝食を取りはじめています 航空管制塔では多くの旅客機の誘導に朝から忙しく指示をしていました その時アメリカン航空11便との連絡... [Read More]

Tracked on 08/22/2006 13:44

» ユナイテッド93 [ちわわぱらだいす]
とても見たかった映画だったので期待して見に行きました。。。 自爆テロなんてどうしてできるのかな~? せっかくもらった命なのにさ~もっと楽しく生きることはできないのかな? さてさて、この映画はノンフィクションなんでしょうか? 事実らしいですが。。。 飛行機の中..... [Read More]

Tracked on 08/23/2006 22:13

» ユナイテッド93 (United 93) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ポール・グリーングラス 出演 ハリド・アブダラ 2006年 アメリカ映画 91分 ドラマ 採点★★★★★ 1940年代、アメリカのジレンマはピークに達していたと思われる。国際社会において地位と発言力を高める方法の一つとして“戦勝国”になることが挙げられるが、ヨーロッ..... [Read More]

Tracked on 08/25/2006 01:16

» 映画「ユナイテッド93」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:United 93 あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・ 2001年9月1日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11... [Read More]

Tracked on 08/25/2006 02:18

» 9・11に捧げる「ユナイテッド93」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
土曜日の試写会に2回も行く機会があったのに 寝過ごして見逃していた 「ユナイテッド93」を公開初日に見てきました。 2001年9月11日 テロの被害にあった 「ユナイテッド93」の話です。 管制塔は完全実話 機内は、機内からの電話の内容を元に 憶測的な事も含め描かれています。 ドラマ性をほとんどなくし 「これが事実」だといってもいいぐらいかもしれませんが 本当の機内って・・・ この手の作品はコ�... [Read More]

Tracked on 08/25/2006 15:26

» ユナイテッド93 [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ハリド・アブダラ/ポリー・アダムス/オパル・アラディン/ルイス・アルサマリ/デヴィッド・アラン・ブッシェ/リチャード・ベキンス/スターラ・ベンフォード/オマー・バーデゥニ/スーザン・ブロンマート/レイ・チャールソン/クリスチャン・クレメンソン/脚本・監督:ポール・グリーングラス/作品『ユナイテッド93』を観ました。 ●感想  ・この作品、公開前から楽しみにしていたので初日に観に行こうと思っていたのですが、夏の暑さと悲劇的な結末を改めて観直す決断がなかなかつかずにズルズルと..... [Read More]

Tracked on 08/30/2006 19:55

» 【劇場鑑賞83】ユナイテッド93(UNITED 93) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
2001年9月11日 4機の旅客機がハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 1機のみ到着せず。 [Read More]

Tracked on 09/02/2006 18:10

» 追悼9.11 ユナイテッド93 06年180本目 [猫姫じゃ]
ユナイテッド 93 2006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ 出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、多かったで...... [Read More]

Tracked on 09/12/2006 12:22

» 「ユナイテッド93」 [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督・製作・脚本:ポール・グリーングラス 出演:コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン、タラ・ヒューゴ、 サイモン・ポーランド、デヴィッド・ラッシュ、ベン・スライニー、 ハリド・アブダラ 公式サイト ママの評価:☆☆☆☆★(星4つ) そして昨日はあのア...... [Read More]

Tracked on 09/13/2006 05:40

« 【映画】『スーパーマン リターンズ』映画史を継承する、愛の物語 | Main | 【ライヴ】Cocco 2006.8.10 »