« 【ライヴ】伊吹留香/te 2006.6.18 | Main | 【映画】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』どうせなら作品の質を真似しよう »

07/02/2006

【映画】『カーズ』ピクサーアニメ不敗伝説はどこまで続く?

Main


ピクサーアニメ不敗伝説も、ついにここで終焉か?

まず観客が少ない。僕の見た回はレイトショーの字幕版だからというせいもあるだろうが、昼の回でも少なかったという話が耳に入っている。公開初日、しかもファーストデイサーヴィスで入場料1000円にも関わらずだ。実際『ファインディング・ニモ』や『モンスターズ・インク』『Mr.インクレディブル』に比べると、明らかに世間で話題になっている感じがしない。

いつになく客足が鈍い理由は、主に二つだろう。
第一に、宣伝が驚くほど地味だ。これがどういうお家事情によるものかは知らないが、ピクサーアニメのファンである僕ですら、「ああ、もう今週から公開なんだ」という印象。テレビで予告編を見た記憶もないし、どこかの企業とのタイアップも目にしない。『ファインディング・ニモ』の大々的な宣伝攻勢に比べると、驚くほど地味だ。ちなみに公開が始まった今も、日本の公式サイトには未完成の部分が残っていて、誰が声を当てているのかという基本的な情報さえ載っていない。ブエナビスタは一体何をやっているのだろう。
第二に、最近シネコンでハリウッドメジャーの映画を見ると、必ずCGアニメの予告編を見せられる。しかも絵柄や、予告編から推測できるストーリーは、予備知識が無ければピクサーアニメとあまり区別が付かない。この1年ばかりでも『チキン・リトル』『ロボッツ』『森のリトル・ギャング』『アイス・エイジ2』など、もうどれがどれやら状態。そんなCGアニメが氾濫するご時世では、かつてのように「一目見ただけででピクサーアニメ」をアピールすることは、もはや不可能だ。必然的に『ファインディング・ニモ』や『モンスターズ・インク』に感動した人が必ず足を運んでくれる率は低くなる。


まあ、メジャー系の映画がヒットするかどうかは関係者でない自分にとっては、さほど重要な問題ではない。問題は中身だ。ところがこちらにも首を傾げる部分が見受けられる。


まずこの映画、本編が122分もある。予告編と本編前の短編『ワンマンバンド』を加えた全上映時間は、実に2時間25分だ。これは、子供の観客を重視すべきアニメーションとしては明らかに長すぎる。

ちなみにこれまでのピクサーアニメ(長編)の上映時間は以下の通り。

『トイ・ストーリー』81分
『バグズ・ライフ』96分
『トイ・ストーリー2』92分
『モンスターズ・インク』92分
『ファインディング・ニモ』100分
『Mr.インクレディブル』115分
『カーズ』122分

一片の無駄もない『ファインディング・ニモ』は100分でもOKだが、『Mr.インクレディブル』と『カーズ』に関しては、明らかにもっと短くすることが出来るし、その方が作品のクオリティが上がったと思う。


さらに内容そのものにも問題がある。

開巻早々、膨大な情報量が、かつてないスピードで押し寄せてくる。今までのピクサーアニメと同じつもりで見ていると、あっという間に置いてきぼりを食ってしまう。しかも車やレースに関する知識が相当必要で、その手のマニアックなネタが随所に詰め込まれている。もちろん一般常識程度の知識で十分わかる部分もあるが、製作スタッフがかなりマニアックに遊んでいると思われる描写も相当ある。完全には意味が理解できないのに、なまじ「今のは間違いなく車ネタだ」とわかるため、心理的な消化不良に陥ってしまう。またレーシングカーのスポンサー獲得争いや、フェラーリに憧れるフィアット(←イタリア語を話す)の話など、普通の子供にはまずわからないだろう。大人向きと言うより「子供には難しい」という意味では、これまでの作品中ダントツ。最も大人向けだった『Mr.インクレディブル』を遙かに超えている。

この「マニアックなネタの羅列」「膨大な情報が矢継ぎ早に押し寄せる」という二つの欠点は、「8歳から80歳まで誰でも楽しめる」ピクサーアニメの伝統的な良さを大きく損ねている。大人の僕ですら、かなり付いていけないものを感じたのだ。よほどの車マニアでない限り、子供たちの多くは始まって30分以内に画面から心が離れてしまうことだろう。


「ピクサーアニメ不敗伝説も、とうとうこの作品で終わりを告げた」…そう思った。


確かに上に上げた欠点は、否定しようのないマイナス点として最後まで存在し続ける。


だが、あまりにせわしない最初の30分ほどを何とか乗り越え、舞台がルート66の傍らにある田舎町ラジエーター・スプリングスに落ち着くと、かなり様子が変わってくる。

自らの能力を絶対と信じ、人の助けなど借りなくてもレースに勝てると信じていたライトニング・マックイーンが、自分の価値観と真逆にあるような世界で足止めを食う内に、新しい生き方を見いだしていくストーリーは、極めて古典的なもの。意地悪な見方をすれば、半分くらいは『トイ・ストーリー』の焼き直しという面も否定できない。
似たような作品は、これまでにたくさん作られてきたし、これからもたくさん作られていくだろう。

しかしその使い古されたストーリーを最高の話術で磨き上げ、「友情や思いやりの大切さ」「システム上の勝利とは違うところにある、魂の勝利の獲得」といった普遍的テーマをここまで感動的に伝えきってしまう手腕は、ピクサーアニメならではのマジックだ。もうさんざん言われ尽くしていることだが、ピクサーアニメの最大の強みは、CGの技術ではなく、ストーリーテリングとキャラクター造形の巧さにある。その事実を今回もたっぷりと思い知らせてくれる。どのようなシステムで脚本を作っているのか正確には知らないが、IMDBで見ると全部で14人もの人がwriting creditsに名を連ねている。あらゆる人々が、その才能とアイディアと愛情を、この一作に注ぎ込んでいるのだ。

特に感動させられるのは、最終レースの結末だ。普通なら当然こうなるだろうと予測を裏切っているにもかかわらず、「この作品のテーマは確かにここにあったのだ」と納得させてくれる。あの結末に涙せぬ者がいるだろうか。

脇のキャラクターで特に光っているのは、何をか言わんやのドク・ハドソン。声はポール・ニューマン。彼が声を当てていると言うだけで、その正体はある程度わかってしまう面もあるが、ニューマンの燻し銀の名演は、その欠点を補って余りある。この前に彼が出た映画は『ロード・トゥ・パーディション』。あの作品も屈指の名演だった。アメリカ映画が誇る最高の名優が、今俳優人生の総仕上げにかかっていることをひしひしと感じる。
もう一人、いやもう一台、マックイーンと友情で結ばれる錆びついたオンポロトラクターのメーターも絶品のキャラクター。全てのキャラクター中、擬人化が最もうまくいっているのは、彼の人なつっこい笑顔だろう。

CGの技術も、これまでとは比較にならないレヴェルに達している。レース場の描写など気が遠くなるほど手が込んでいるし、風景描写、特に光の具合や質感は実写との区別が付かなくなるほどだ。もちろん最高の技術と巨額の費用をかけて初めて出来る映像だが、ここまでやられると、いずれ大半の映画がコンピューター上で作られることになるのではと思ってしまう。

だがすでに述べたように、この『カーズ』が見る者の胸を打つのは、見事なストーリーテリングとキャラクター造形があるからこそだ。普遍的なテーマと古典的なストーリーを、最高の脚本技術で磨き上げ、最新のデジタル技術で映像化する…ピクサーアニメは、文学と芸術と科学技術が、最も幸福な形で手を握り合った、人類が誇るべき文化なのだと思わずにはいられない。


ピクサーアニメの中で競うなら、この『カーズ』は、他のどの作品も及ばぬ長所と、最初に述べたような信じがたい短所が混在し、総合的には最もバランスを欠いた作品となっている。絶賛した脚本も、どこにもケチの付けようがない『ファインディング・ニモ』と比較すれば、マックイーンの心の変化が今ひとつ描き切れていない恨みは残る。
だがこれほどバランスを欠いた作品で、これほど見る者を泣かせてしまうことこそ、ピクサーアニメのマジックがいかに高度なレヴェルにあるかを示していることも確かだ。


ピクサーアニメの不敗伝説は、まだまだ終わらない。


すでにお馴染みとなったエンドクレジットのお遊びだが、今回は今までとまったく違う趣向で、ピクサーアニメのファンなら驚喜すること間違いなしの趣向が用意されている。しかも笑わせるだけ笑わせておいて、「ああ、そうだったのか」と、ダメ押しの涙を搾り取る。ここまで来ると卑怯なほどだ。
普通のエンドクレジットに戻った後、最後の最後にもまだしっかりお遊びが残っている。全てのクレジットが終わり、場内が明るくなるまで絶対に席を立ってはいけない。


(2006年7月)


|

« 【ライヴ】伊吹留香/te 2006.6.18 | Main | 【映画】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』どうせなら作品の質を真似しよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『カーズ』ピクサーアニメ不敗伝説はどこまで続く?:

» カーズ、試写会 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
(副題:子供は連れて来るな!) 銀座、ヤマハホールでの開催。 字幕版を選んで応募したので子供は少ないと踏んでいたが、少しはいた。 「お前ら、英語判んのかよ。」と思いつつみていたが、 案の定、前の席に陣取ったガキが、 「何て言ってんの。」「ブーブーどうしたの。」 「何で、レースしないの。」「何でみんな行かないの。」とか、 うるさいったらありゃしない。 途中で嫌になって後ろ向きに座ったりするし、 いす�... [Read More]

Tracked on 07/02/2006 18:54

» カーズ(Cars)、ピクサー(Pixar) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
「カーズ(Cars)」の予告編を初めて見たときは「擬人化もTOYや虫や魚だと大丈 [Read More]

Tracked on 07/02/2006 19:49

» 『カーズ』 [ラムの大通り]
----これってディズニー/ピクサーの最新作でしょ? 『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター監督が 6年ぶりに監督を務めた作品なんだって? 「うん。ジョン・ラセターは 父親がシボレー販売店に勤務。そして母親は美術教師。 本人は『僕の血管にはディズニーの血が流れているけど、 車のオイルも流れているんだ』と語っている。 この世界のパイオニアが 自分の体験や思い出を元に描いただけあって、 テクノロジー�... [Read More]

Tracked on 07/02/2006 22:18

» [映画・カ行] カーズ [「やわらか映画〜おすすめDVD〜」映画ブログ]
[映画・カ行] カーズ 今回の映画は、「カーズ」です。この作品の映画公開にちなんで、「カーズ」の作品紹介について書いてみました。 (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画〜おすすめDVD〜」からの転載です。また、「やわらか映画〜おすすめDVD〜」では、今回の映画レビューを、公開後に、加筆する予定です。) 本作「カーズ」は、「トイ・ストーリー」シリーズ2作品などを監督し、「ファインディング・ニモ」... [Read More]

Tracked on 07/02/2006 22:55

» カーズ [色即是空日記+α]
今度の≪奇跡≫は、[クルマの世界]に起こります。 ピクサー×ディズニーの最強タッグ! 車の世界、人間は1人も出てきません。 虫すらクルマに羽が生えた生き物ですw 最初に予告を見たときは思ってました。 あんまり華がないなぁ、、と。。。 ごめんなさい。 すっごくいい話でした (TдT) ... [Read More]

Tracked on 07/02/2006 23:00

» 『カーズ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★ [Read More]

Tracked on 07/02/2006 23:54

» 『カーズ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★ [Read More]

Tracked on 07/02/2006 23:55

» 『カーズ』 [試写会帰りに]
ピクサー作品ファンとして待ちに待った最新作『カーズ』(『Cars』)を試写にて鑑賞しました! 登場人物が全て車#63679;#63911;という無茶な設定にとまどいつつ、まったりシーンもなんのその、ほのぼのギャグで笑わせ、お決まりながらもホロッとさせる、楽しくて味..... [Read More]

Tracked on 07/03/2006 00:28

» 映画:カーズ(字幕版)試写会 [駒吉の日記]
カーズ(字幕版)@サイエンスホール 「ようこそ、ラジエーター・スプリングスへ」 今回はameblo主催、どうもありがとうございます~ 普天王関(http://ameblo.jp/futenou/ )がゲストで登壇、一緒に鑑賞してました。 公式サイトのストーリーと宣伝文句はちょーっと違うよ... [Read More]

Tracked on 07/04/2006 17:33

» カーズ [Akira's VOICE]
クルマだらけの大博覧会から現実に戻ると 全ての自動車に愛着が湧いていました。 マックィーン欲しい〜(無理 [Read More]

Tracked on 07/04/2006 18:25

» カーズ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
2006年7月1日公開  ハイクオリティなCG映像と、心を震わせる感動のストーリーを併せ持つCGアニメーション映画を矢継ぎ早に世に送り出し、世界中に抜群のブランド力を誇るピクサーがまたまた世に送り出すハイセンス&大... [Read More]

Tracked on 07/05/2006 23:40

» カーズ [Alice in Wonderland]
ピクサー映画が大好きな私ですが未だに『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を越えるような作品が出てこない状況でこのカーズの予告を観た時に…機関車トーマスのパクリじゃん!車が主役なんて全然キャラも可愛くないし、なんだか期待薄だななんて思っていたの...... [Read More]

Tracked on 07/06/2006 13:56

» 『カーズ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『カーズ』鑑賞レビュー! ディズニー/ピクサー最新作! 6月9日に全米3985館で封切られ 初登場No.1を記録 ピクサー・アニメーション・スタジオの 20周年記念作品♪ 同社は1986年に アップルコンピュータ 現CEOのスティーブ・ジョブス氏 によって創立され、これまでに 『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』 『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』 『ファインディング・ニモ』 『Mr. インクレディブル』を製作 米アカデミー賞を多数受賞してい... [Read More]

Tracked on 07/06/2006 14:08

» 「カーズ」 [わたしの見た(モノ)]
「カーズ」 家族愛を描いた「Mr.インクレディブル」も良かったが、 「カーズ」は更に素晴しい出来映え。 ディズニー/ピクサーの作品は、ツボを押さえていて、 サスガとしか言いようがない。 ストーリーは先読み出来るが、 個性的、魅力的なキャラクター、 田舎町のノスタル... [Read More]

Tracked on 07/06/2006 21:22

» ★「カーズ」 [ひらりん的映画ブログ]
見れば面白い・感動する・・・ディズニー&ピクサーアニメなんだけど・・・ クルマが喋る・・・っていうのにちょっと抵抗感。 しかし、全米興行収入3週連続トップだとか・・・ 主人公の声が、オーウェン・ウィルソンだとか・・・だったので、 字幕版で観て来ました。 [Read More]

Tracked on 07/11/2006 03:36

» カーズ<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
登場するのは全て車、車、車レース場のシーンで観客も全て車 その車が人間の様な動きや表情をする。とにかく画像がキレイ キレイ過ぎるっ さすがピクサートイ・ストーリーを観た時 凄いと思ったけど 年数が経てば更に進化しまくりですマックィーンとサリーがドライブ...... [Read More]

Tracked on 07/17/2006 20:18

» カーズ [欧風]
4月に青森に来てから、映画館までは遠く、試写会当たっても車で片道60kmとかなんで、1本だけ観て帰るというのはなんか勿体ない気がしてきた。ならばハシゴ観じゃハシゴ観!って事で、東京にいたとき、NANAとか3作品ハシゴ観は何度かあるんですが、今回は青森で一番近い私にとってのホーム映画館、イオン下田TOHOシネタウンにて、「映画4作品10時間耐久レース」を連休最終日の昨日決行!いや~、バカですね~。というかヒマ人ですね~。朝9時50分から夜7時50分まで。レイトショーを加えれば5作品の世界新記録も夢では... [Read More]

Tracked on 07/23/2006 01:44

» カーズ [とにかく、映画好きなもので。]
   カー・レースのピストン・カップに出場する新人のレーシングカー、マックィーンは、天才的な実力と人気を持つ彼はもう少しで優勝しそうな勢いだった。  次のレース開催地へ向かう途中、マックィーンはマネージャーとはぐれてしまい。ルート66のさ....... [Read More]

Tracked on 07/23/2006 20:07

» ディズニー&ピクサーの最強コンビ「カーズ」見てきました。 [よしなしごと]
 僕がディズニー好きになったのは美女と野獣から。確か高校の頃。当時、野獣とベルが踊るシーンのあのCGは当時すさまじいもので、感動してました。もちろんストーリーや音楽も好きでLDを買い、何回も何回も見てました。... [Read More]

Tracked on 07/27/2006 23:53

» Cars [Tokyo Bay Side]
『カーズ』 アメリカでは一大メジャースポーツとしてF1以上の人気を誇るといわれるNASCAR。今作はそんなアメリカンレース特有のエキサイティングなシーンが満載でとても楽しかったです。 中でもお気に入りはミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の登場シーン。シューマッハを目の前に大興奮のルイジと、目を真ん丸にして言葉を失うグイド。結局2人して失神してしまうシーンは場内大爆笑でした。 [:URL:] 『カーズ』... [Read More]

Tracked on 07/29/2006 14:02

« 【ライヴ】伊吹留香/te 2006.6.18 | Main | 【映画】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』どうせなら作品の質を真似しよう »