« 【演劇】劇団東京乾電池祭り 創立30周年記念公演 | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『まかろに』『誘う魚』2006.5.12 »

05/02/2006

【映画】『Vフォー・ヴェンデッタ』正義とは、それを唱えた者にとっての正義でしかない

Main1_1

ストーリーはかなり滅茶苦茶。コミックが原作と言うだけあって、原作物にありがちな、省略し過ぎで話の意味がわからない部分や唐突すぎる展開が、あちこちに見られる。

それでもこの作品、滅法面白い。演出や編集のテンポが圧倒的に優れていて、それだけで2時間以上の尺を退屈させずに見せてしまう。よく見ると最低限の美術セットで済むような撮り方をしており、あまり予算がかかっていないことがわかるが、普通に見ている分には、そんな貧乏くささを微塵も感じさせない。
もう一つの大きな勝因は、実力派の役者を揃えたこと。主役のナタリー・ポートマンはスター・ウォーズの百倍良い演技をしているし、惜しげもなく坊主頭になる役者根性も凄い。もっともこれは「坊主になっても美人は美人」という自信があるからだろう。タイトルロールを演じるヒューゴ・ウィーヴィングも、終始仮面をかぶったままで見事な感情表現を見せてくれる。ジョン・ハートも相変わらずの巧さ。小心者で猜疑心が強く、それ故に常に攻撃的な独裁者の心理を描き出している。そして何と言っても素晴らしいのは刑事役のステーィブン・レイだ。あの地味でリアルな演技が映画を思いきり引き締めている。この手の作品で、これだけ達者な演技陣を揃えた作品も珍しい。

そして内容が凄い。簡単に言えば、全体主義国家と化したイギリスを、謎のテロリストVが転覆させるという話。しかもそのやり方が、裁判所や国会議事堂の爆破など、嫌でも現実に起きているテロリズムを想起させるものばかり。一つ間違えばテロリズム肯定とも受け取られかねない内容だ。このご時世に、よくまあこれだけ挑発的な内容をハリウッド娯楽映画の枠内で描けたものだと思う。
だが注目すべきは、そのようなテロリズムに対して、この映画が余計な価値判断を下していないこと。肯定もしなければ否定もしていない。最後に仮面をかぶった群衆が押し寄せてくるシーンなど、一体どちらがファシズムなのかわからない恐ろしい光景だが、その怖さは明らかに狙ったものだろう。「人はしょせん自らが信ずる大儀のために戦うもの。正義とは、それを唱えた者にとっての正義でしかない」というシニカルな視点が、この荒唐無稽なお話を現代的なポリティカルスリラーに押し上げている。

製作と脚本は、あのウォシャウスキー兄弟。これを見るかぎり、さすがに兄弟も『マトリックス』の2作目3作目は明らかな失敗だったと思っているらしい。この『Vフォー・ヴェンデッタ』こそ『マトリックス』の正しき続編の姿だ。
監督のジェイムズ・マクティーグは『マトリックス』などの助監督出身で、これが初監督作。「よく出来ました」と花丸を付けたくなる見事なデビューだ。今後の活躍に大いに期待できる。
もう一つ特筆しておきたいのは、音楽の使い方の巧さ。Vの部屋に流れる甘いスタンダードナンバーは、Vとイヴィーの愛のテーマとして見事な効果を上げている。そして何と言ってもチャイコフスキーの「1812年」。クラシックの盛り上がり系ナンバーと言えば、ベートーヴェンやワグナーが定番だが、チャイコフスキーのあの曲が、これほど燃えるものだったとは!


アメリカでの評判が良いことは聞いていたが、予想以上の出来。日本ではあまり受けないと思うが、僕は相当気に入った。


なお、この作品を見ると、日本人が苦手な「V」の発音がたっぷりと勉強できる(笑)。「V」は「ブイ」ではなく、あくまでも「ヴィー」ね。「ヴィー・フォー・ヴェンデッタ」。


(2006年5月)

|

« 【演劇】劇団東京乾電池祭り 創立30周年記念公演 | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『まかろに』『誘う魚』2006.5.12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『Vフォー・ヴェンデッタ』正義とは、それを唱えた者にとっての正義でしかない:

» Vフォー・ヴェンデッタV for Vendetta [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
Vフォー・ヴェンデッタV for Vendetta ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング主演 11月5日イギリスでは花火のお祭りガイ・フォークス・デイが開かれます 400年前のジェームス1世を 国会を爆破し暗殺を企てましたが失敗 その日を記念し祭りが行われます 話は未来の11月5日・・・英国政府はファシズム化して 民衆は政府の言いなりにならなくては生きていけない状態でした 情報も政府が操作し都合の良いニュースだけを流します 全ての民衆は政府の監視下に置かれ 不穏の動きを察知する... [Read More]

Tracked on 05/02/2006 19:28

» ○Vフォー・ヴェンデッタ(1) [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
3次世界大戦後のサトラーが支配する近未来のイギリスで仮面をつけた一人の男が国家に反旗をひるがえす。「人民が政府を恐れるのではない、政府が人民を恐れるのだ。」 V(ヒューゴ・ウィービング)はただの人殺しなのか、それとも正義のヒーローか・・家族を失った孤独な女性イヴィー(ナタリー・ポートマン)を巻き込み話は混迷を極めていく・・。 感想を久しぶりに書きます。鑑賞は2回目、内容的にはかなり過激な部分もありますが、いろい... [Read More]

Tracked on 05/05/2006 12:31

» Vフォーヴェンデッタ - V for Vendetta - (個人的評価:★★★★) [地方競馬情報品質向上委員会]
上半期楽しみにしていた作品の一つ「Vフォー・ヴェンデッタ」を観てきました。 マト... [Read More]

Tracked on 05/06/2006 01:52

» Vフォー・ヴェンデッタ 見てきました。 [よしなしごと]
 今回は私の好きなナタリー・ポートマンが出ていると言うことでVフォー・ヴェンデッタを見てきました。 [Read More]

Tracked on 05/21/2006 04:57

» 映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 [Death & Live]
『Vフォー・ヴェンデッタ』 2005年 原題 : V FOR VENDETTA 監督 : James McTeigue "V" って最後まで仮面を取らないんだな。 最初のうちは "V" って正義の味方なのかと思ってたが、 言ってる事とかやってる事とか、 決して正しく無いな、と思い始めてからは、 ナタリー・ポートマンにクギづけだったな。 ナタリー・ポートマンがあんなに美しいのに、周りの男たちに一人として二枚目を配さな�... [Read More]

Tracked on 05/25/2006 19:52

« 【演劇】劇団東京乾電池祭り 創立30周年記念公演 | Main | 【演劇】劇団桟敷童子『まかろに』『誘う魚』2006.5.12 »