« 【映画】『せかいのおわり』にはあなたといたい | Main | 【ダンス】イデビアン・クルー『迂回プリーズ』2005.10.8 »

10/06/2005

【音楽】三上ちさこ「相対形」

43280369_219


三上ちさこのセカンドソロアルバム『Here』に先駆けて、シングル「相対形」が発売された。

1年前に出たファーストソロアルバム『わたしはあなたの宇宙』は、ロックらしいダイナミズムを排し、ビョークの出来損ないのようなサウンドで固められた内容。fra-foaの音楽性を最悪の形で裏切った、ファンの大部分が失望の声を上げる作品だった。
だがその後に出された別テイク集『わたしはあなたの宇宙/破壊編』によって、あのアルバムが駄目な理由の大部分はプロデュースやアレンジにあることが明白になった。ロック色の強いアレンジを施された「孤高の空」や、ライヴテイクを収録した「咲かない花」が、見違えるほど素晴らしい曲になっていたのが何よりの証拠だ。プロデュースを手がけたホッピー神山は万死に値する。こんな馬鹿なことやっているくらいなら、PINKの再結成でもしろって。

その『わたしはあなたの宇宙/破壊編』や、6月に新宿LOFTで見たライヴなどから判断するかぎり、セカンドアルバムでは、三上ちさこ本来の魅力と、ロック的なサウンドが復活している可能性が大きい。その第一報となるこのシングルには大いに注目していた。


1曲目は「相対形」。6月のライヴで初っ端にやった曲で、その時も一発で気に入った。これが最初のシングルというのは悪くない選択だ。ライヴヴァージョンよりもアレンジが練り込まれているし、それでいてライヴ的な躍動感もしっかり封じ込められている。そう、このような躍動感こそ前のアルバムに決定的に欠けていたものなのだ。
これまでにちさこが書いてきた詞とはだいぶ趣が違うが、「会いたい 会いたい 今すぐに君に会いたい」と繰り返す単刀直入な歌詞も、リズミカルな曲によく合っている。fra-foaとはまったく違う路線で作り上げられた傑作。ソロアーティスト三上ちさこが、ようやく本領を発揮し始めたことを告げる曲と言っていいだろう。

2曲目は「粗大ゴミ fast version」。fast versionとなっているが、この曲はアルバムに収録されないので、slow versionはどこにあるんだ?と突っ込みを入れたくなる。曲や詞の雰囲気は前のアルバムの「Viva la revolucion」に似ているが、そこにもう少しポップさとパンキッシュなサウンドを加えた感じ。曲だけに注目するとブルー・ハーツにも聞こえるし(笑)、チープ・トリックにもこんな感じの曲があったな。傑出した曲ではないが十分楽しめる。

3曲目は6月のライヴでラストを締めくくった「神の樹」。これをどう評価するかが難しい。『わたしはあなたの宇宙/破壊編』で初披露された曲だが、このシングルで聞けるヴァージョンの方が明らかに完成されたものになっている。しかしライヴ評でも書いたとおり、こういうビョークもどきの曲は、ちさこには合っているようでいて合っていないのではないか? その合っていない曲を、多彩なアイディアに満ちたアレンジと演奏でここまで聞かせてしまうのは逆に凄いとも言える。しかし合っていないものは合っていないのだ。ではどこがどう合っていないのかと問われると、明確な言葉にならないところがもどかしい。しかもこのヴァージョンについて言うなら、何度も聴けば聴くほど「いや、これはこれでいい曲かも…」と思い始めている。セカンドアルバムにも別アレンジで収められるようだし、最終判断はそれを聴くまで待つことにしよう。


収められた3曲は、それぞれタイプの違う曲でありつつ、どれも注目に値する何かを持っている。この分なら、やはりセカンドアルバムに期待をかけても、大きく裏切られることはないだろう。特に6月のライヴで最も興味深く聴くことが出来た曲「解放区」が、どんな形に仕上がっているかが楽しみだ。そして花田裕之、井上富雄というTHE ROOSTERS組をバックに従えたライヴへの期待は、止めようもなく高まるばかりだ。


(2005年10月初出)

|

« 【映画】『せかいのおわり』にはあなたといたい | Main | 【ダンス】イデビアン・クルー『迂回プリーズ』2005.10.8 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【音楽】三上ちさこ「相対形」:

« 【映画】『せかいのおわり』にはあなたといたい | Main | 【ダンス】イデビアン・クルー『迂回プリーズ』2005.10.8 »