« 【演劇】ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』2005.10.22 | Main | 【ライヴ】クイーン+ポール・ロジャース 2005.10.26 »

10/24/2005

【NGO】ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」

もし一連のホワイトバンドに関する発言をお読みでない方がいたら、先に以下の発言順番にお読みになってから、本文をお読み下さい。

【NGO】なぜ私はホワイトバンドを身に着けるのか
【NGO】日本版ホワイトバンドの問題点
【NGO】ホワイトバンド購入に関する重要な補足
【NGO】OXFAM UKにおけるホワイトバンドの買い方
http://bonobono.cocolog-nifty.com/badlands/cat4378041/index.html


                       *


ブログのホワイトバンド関連記事に対するアクセスが、また突然急増した。どうしたのかと思いきや、10月24日付の毎日新聞に、ホワイトバンドの趣旨に対する批判が高まっているという記事が載ったためらしい。
要は「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」という触れ込みなのに、実際には援助などに回るわけでもなく、細かな使途さえ決まっていない。それに対する批判が高まったので、事務局は、ホワイトバンドが募金活動ではないことを強調することにした…というような話だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051024-00000025-mai-soci
(↑ 何日かすれば多分消えます)


個人的には、何を今更な話であるが、やはりいろいろと思うことがあった。


まずこの記事では、お金は1円たりとも直接途上国支援に回ることはないように書かれている。
事務局によれば「材料費や流通費などを除いた売り上げの44%を、活動の広告費や事務局の人件費、政策提言の研究費、PRイベントの費用などにあてる。今月末までに詳細な使途を決める」そうだ。
今田克司事務局長は「運動は『世界に貧しい国がある』と考えるきっかけを作るもの。政策提言や声を上げるために資金を使う。それが途上国への募金と同じような意味を持つことを理解してほしい」とも言っているらしい。

事務局長の言っていることは、それだけ取り上げれば正論である。

しかしそれによって以下の問題が帳消しになるわけでもないだろう。

1.
日本版ホワイトバンドが発売されてすでに4か月弱。すでに200万本が売れたと言うから、単純計算で売り上げは6億円。たいへんな巨額とは言えないが、決して小さな数字ではない。その使途をいまだに決めていないとは、お粗末にもほどがある。これでは貧困をなくすことを目標にしているという姿勢そのものがインチキではないかと疑われるのも当然だ。

2.
事務局で販売するホワイトバンドが直接募金にならないのは最初から決まっていたこと。それをHPの片隅にひっそりと載せるだけで、収益が直接貧困に喘ぐ人たちを助けるために使われるかのようなイメージ戦略を貫いた姿勢は、「嘘はついていないが、真実も伝えていない」と言う以外にない。それがNGO活動全般に対する不信感を招くことになるのは、以前警告したとおりである。


そしてもう一つ。今更な指摘ではあるが、極めて根本的な問題。

なぜ事務局は、頑なに貧困国への直接寄付を拒むのだろう?


以前の発言で、ホワイトバンドを買うのであれば、OXFAMというNGO、それもできればOXFAM UKでの購入を勧めたが、先日OXFAM JAPANのHPにホワイトバンドの収支決算が載った。なおOXFAM JAPANでは、労力の不足という理由から、8月25日でホワイトバンドの直接販売を終了している。
http://www.oxfam.jp/contents/modules/wordpress2/index.php?p=40

特に肝心な部分を引用させもらう。引用符を付けた場合の読みやすさを考慮して、こちらで改行やスペースを加えてあるが、内容はもちろんいじっていない。

> 【販売期間】
>  7月3日〜8月25日
> 【販売個数合計(ウェブサイト通販、事務所内、イベントなど)】
>  5185個
> 【その他(営業用サンプル出庫)】
>  34個
> 【収益予定額(予定−未払い分を含む)】
>  1,010,872円
> (5000)個×200円=1,000,000円
>  ―5000個までは1個につき200円の収入
> (185-34:サンプル使用分)個×72円=10,872円
>  ―5000個以上は1個につき72円の収入
> 【費用】
>  今回の作業はボランティアの方々にやっていただいたため、
>  封筒代や郵送代などの実費を除けば費用はかかっておりません。
> 【使途】
>  オックスファム・ジャパンでのホワイトバンドの売り上げは、
>  オックスファム・ジャパンの長期支援プロジェクトに全額充てられます。
> ・ザンビア:教育支援
> ・モザンビーク:孤児支援・教育支援
> ・カンボジア:女性支援
> ・インド:HIV/エイズ対策支援(リンク先の例はモザンビークです)
>
>  オックスファム・ジャパンは、「ほっとけない 世界のまずしさ」
>  キャンペーンに賛同するNGOとしてホワイトバンドを5000個までは
>  原価+制作費に近い価格である100円でホワイトバンド・プロジェクト
>  から仕入れて販売しておりました。上記のNGOへの仕入れ価格は5000個を
>  超えた時点で228円(希望小売価格より消費税分を除いた金額の80%)
>  となり、各NGOへの収益は72円/個となります。
>
>  オックスファム・ジャパンなどのNGOによる販売の売り上げ使途は、
>  上記のとおりで、ホワイトバンド・プロジェクトによる市販分の
>  売り上げ使途とは異なります。ホワイトバンド・プロジェクトに
>  よる市販分につきましては
>  「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンサイトをご参照ください。


最初の告知どおり、仕入額を差し引いて、5000個までは1個約200円の利益。それは全額OXFAM JAPANというNGOを通じて、貧困国への支援に当てられる。


逆に言えばOXFAMはキャンペーンなどの活動に金は出さない。だがキャンペーンはキャンペーンで必要だろう。事務局がそのために売り上げから「ある程度の」費用を使うことは問題ない。

また上にも書いてあるように、OXFAMは発送の労力をボランティアに頼んだので、そのための必要経費はかかっていない。逆に言えば、そこに金をかけない、つまり外部業者などの力を一切借りなかったが故に、通信販売の労力が小さな組織のキャパを超え、販売を終了する他なかった。そういう意味では、あくまでもアマチュアの仕事である。
それに対してほっとけない事務局はプロの仕事だ。ホワイトバンドは予想以上のブームになったし、販売は今も続いている。そのシステムを維持するために、「ある程度の」経費がかかるのもやむを得ないだろう。


しかし…だ。


それらを考慮してもなお、OXFAMにおいては1個につき200円が途上国支援に回るというのに、1円たりとも現地での救済活動には当てず、すべて国内での啓発活動で消費しようとする事務局の頑なな姿勢は一体何なんだ?

それって要するに、このキャンペーンに関わった広告代理店などに金を回したいだけなのでは…と考える私は性格が歪んでいるのでしょうか?


また、上の収支報告で「え?」と思う点に気がつかれただろうか?

つまりOXFAMなどのNGOはホワイトバンドを1個100円でほっとけない事務局から仕入れて販売している。OXFAMの場合は、その仕入れ値以外の部分がすべて途上国支援に回るわけだ。

ところが、その仕入れ量が5000個を超えた時点で、仕入れ値が一挙に228円に跳ね上がる…と。

?????????????

すみません。

この意味が理解できないのは、私の頭が悪いからでしょうか?

経済の原則から言うと、仕入れ量が増えるほど仕入れ値は安くなるものだと思っていたのですが、それは私の知識が間違っていただけなのでしょうか?

それって要するに、「既成のNGOにも協力してもらうことで信用を付けるが、そちらでの販売量があまり増えると、事務局の儲けが少なくなる。したがって適当なところで無茶をふっかけて、NGOの皆さんにはお引き取り願う」というヤクザまがいの商法なのではと勘ぐってしまうのは、やはり私の人格に欠陥があるからなのでしょうか?


実のところ、今日はまだ仕事が残っていて、本当はこのような正確さを要求される文章を書いている余裕はない。出来ればもっと突っ込んで調べた上で、きちんとしたリポートを書きたかった。


それでも、このOXFAMの収支報告を見た後、あまりの怒りにキーを叩かずにはいられなかった。


すでに述べたように、OXFAMは労力不足によって、ホワイトバンドの販売を終了せざるをえなかった。
http://www.oxfam.jp/hottokenai/whiteband.htm

だが上の収支報告を見れば、公式に何も書かれてはいなくても、販売数が5000個を超えた時点で収益が激減し、とても労力に見合うものではなくなったため終了に追い込まれたと見るのが妥当だろう。

引用した部分の最後の一段落に、OXFAMの精いっぱいの皮肉が込められているかのようだ。


今はとにかくこう言いたい。


「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」


(2005年10月初出)

|

« 【演劇】ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』2005.10.22 | Main | 【ライヴ】クイーン+ポール・ロジャース 2005.10.26 »

Comments

はじめまして、時々拝見させていただいております。
OXFAMの思い上がりぶりには私も腹だたしい限りです。
日本のOXFAMでもメルマガ登録すると
「貧困クイズ」(現在は「貧困豆知識」に変更)という
考え違いなものを発想する思考回路もしかり。
現時点で彼らは英国ブレア政権の外交政策の中枢にいます。
大きなNGOが英国に集中し、その日本支店が手先となり動いて
英国の国益に叶う運動を
している気がしてなりません。
援助等も含めた日本独自のやりかたを
そろそろ真剣に考えなくてならないと思いました。
LIVE AIDのIs This The World We Created を
複雑な気持ちで見ています・・・

P.S来月24日も近づきましたね。
14年か・・・早いなぁ

Posted by: イカリング | 10/25/2005 14:06

はじめまして。
私たちは、北海道の旭川中学校で総合的な学習の時間にホワイトバンドについて調査活動をしてきました。最初は、募金になるものだと思っており、協力しようとしていたのですが、実際には違うのだということを、販売元の方から聞いてショックを受けました。そこで、実際にどうなのかということを調べてHPを立ち上げました。
http://www.asahikawa.jhs.asahikawa-hkd.ed.jp/index.htm
↑のホワイトバンドの問題点(プロジェクトB1班)というのが、それです。どうぞ、見に来てください。

Posted by: 旭川中学校総合的な学習B1班 | 10/29/2005 11:05

政策提言の威力↓

http://www.sankei.co.jp/news/050925/kei045.htm
 英国のブラウン財務相は24日、ワシントンで記者会見し、世界銀行などの国際金融機関がアフリカを中心とする最貧国向けに持つ総額550億ドル(6兆1900億円)の債務全額を免除する主要国(G8)の提案に対し、北欧などのG8以外の先進国が合意したと発表した。日本の負担は最大で8000億円規模になる見込み。

Posted by: HB叩きを笑う | 11/10/2005 12:10

HB叩きを笑うさんの書き込みを見て思ったこと。

1.NGOによる政策提言の威力はあるのかもしれないが日本版ホワイトバンドはまだ具体的な政策提言活動をしていない。

2.最貧国の借金を棒引きにしたところで、それらの国が自立できるようにならない限り、また借金をするだけなので最貧国の借金を棒引き『だけ』では意味がない。
むしろいちど棒引きしちゃうと当然再度の借金しずらくなるなる分有害。
もちろん最貧国の自立のための先進国の援助が『正しく』行われる可能性が低いということもまた事実ではあり問題ではあるが。
また、民族対立の激しい国などでは借金が減ればその分で武器などを購入する可能瀬も指摘されている。

Posted by: 通りすがり | 11/10/2005 20:41

TB有り難うございます。

なーんか、釈然としませんよねー。

Posted by: もとみち | 11/11/2005 15:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【NGO】ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」:

» 大儲けのホワイトバンド [禁煙日記 禁断症状]
今、アフリカの貧困を考える日本人。 近頃、「ホワイトバンド」なる白い輪ゴムが、世... [Read More]

Tracked on 10/24/2005 23:15

» ホワイトバンド...ちょっと疑問 [easy life]
いろんな意味で疑問に思う人いるんだね。 [Read More]

Tracked on 10/25/2005 15:30

» ホワイトバンド:趣旨説明不足で購入者から批判 [すとれーとじゃぶ]
 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていないため。事務... [Read More]

Tracked on 10/25/2005 19:48

» 本当は何を考えるべきなのか [サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜]
このブログでも4ヶ月近く前に取り上げましたが、ホワイトバンドが引き続き違った意味で話題になっています。だいたい2ヶ月前くらいから、その使途が不明瞭だとの批判が出始めました。ネット上での紛糾からタイムラグがありますが、ここへ来てメジャーなメディアが報じ始め....... [Read More]

Tracked on 10/27/2005 15:24

» ホワイトバンド問題<つづき> [ヤシノミ]
ホワイトバンドを購入したときの消費税は米軍支援のお金にもなるのでは? [Read More]

Tracked on 10/27/2005 18:21

» ホワイトバンドについて [学生や主婦がお金儲けするためのBlog]
ホワイトバンドの活動についてきちんと知るために簡単なホームページを作りました。 [Read More]

Tracked on 10/31/2005 22:54

» ホワイトバンドへの批判 [自主映画監督のBlog]
<ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを....... [Read More]

Tracked on 11/06/2005 03:15

» 独 偽善の輪 [ぼしょぼしょ]
ホワイトバンド:趣旨説明不足で購入者から批判 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすため... [Read More]

Tracked on 11/11/2005 15:17

» 独 偽善の輪Part2 [ぼしょぼしょ]
世界基金に2900万円=「ホワイトバンド」400万本−売り上げは9億円超 白い腕輪「ホワイトバンド」を目印に、世界の貧困をなくす活動を進める「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンの実行委員会など... [Read More]

Tracked on 11/11/2005 15:17

» 独 偽善の輪Part2 [ぼしょぼしょ]
世界基金に2900万円=「ホワイトバンド」400万本−売り上げは9億円超 白い腕輪「ホワイトバンド」を目印に、世界の貧困をなくす活動を進める「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンの実行委員会など... [Read More]

Tracked on 11/11/2005 15:19

» 独 偽善の輪 [ぼしょぼしょ]
ホワイトバンド:趣旨説明不足で購入者から批判 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすため... [Read More]

Tracked on 11/11/2005 15:19

» ちょっと待て何だコレは!! [夢幻の如]
一日に二回も同じカテゴリーで記事書くのも何ですが、どっかに追記で置いておくにはあんまりな情報だったので新規で。 以前UK版WBの買い方で紹介させていただいた所なんですが。 ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」..... [Read More]

Tracked on 11/13/2005 23:04

« 【演劇】ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』2005.10.22 | Main | 【ライヴ】クイーン+ポール・ロジャース 2005.10.26 »