« 【演劇】MODE+近畿大学演劇・芸能専攻『唐版 風の又三郎』近大バージョン 2005.10.22 | Main | 【NGO】ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」 »

10/23/2005

【演劇】ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』2005.10.22

47747647_167


ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』
2005年10月22日(土) 18:00〜 東京芸術劇場小ホール


映画はともかく舞台のハシゴなど滅多にやらないのだが、今回はたまたまそういうことになってしまった。しかも前に見たのはMODE+近畿大学演劇・芸能専攻による『唐版 風の又三郎』近大バージョン。ブラボーカンパニーとは見事に真逆の世界だ。しかもその前日21日には、この上の大ホールでキース・ジャレットのピアノソロ公演を見ている。これまた見事なほどの別世界。

と言うか、普段自分が好んで見たり聴いたり読んだりしているものからすると、ブラボーカンパニーが明らかに浮きまくっているのだ。主催の福田雄一は、普段テレビのバラエティやお笑い番組などの台本を書いているようだが、その手の番組はまったく見ない。舞台でもお笑い系はほとんど見ない。そう考えると、こんな劇団を3本続けて見ているのは、我ながら不思議な話だ。

パルテノン多摩の小劇場フェスティバルでたまたま見た『サンダーバードでぶっ飛ばせ!!』…すべてはあの作品との出会いから始まった。今思い返しても、あれは本当に素敵な芝居だった。笑いと感動、そして思わず唸ってしまう見事な構成を兼ね備え、見終わって思わず「ああ、面白かった」と声を上げたくなる作品。あんなものを見せられてファンにならないわけにはいくまい。


今回は様々なショートコントのオムニバス。エピソードによって長短があり、幾つかのエピソードは何部かに分かれているため、てっきり『サンダーバードでぶっ飛ばせ!!』と同じように、それらが最後には一つにつながって「おおおお! そう来たか!!」と唸らせてくれるものと思ったが、今回はそのような凝った趣向はなく、あくまでもオムニバスのまま。その点で肩すかしを食った感は否めないが、これは『サンダーバードでぶっ飛ばせ!!』を見ていたことによる勝手な先入観であり、これはこれで十分にありな作風だろう。

エピソードによってある程度の浮き沈みはあるが、ストーリーの辻褄を考慮しなくてもいい分、瞬発的な「笑える度」では今までの中で一番だ。幾つかのエピソードでは、あまりにも笑いすぎて頬の筋肉が痛くなってしまった。
特に笑ったエピソードは、台本にはないアドリヴの注文を突きつけられて役者たちが焦りまくる『コーラスライン』風のオーディション。て言うか、この人たち、実は無名塾や文学座の研究生だったのか…
あとはテレビのワイドショーのパロディ風に作られた「実は調布市国領のアパートに住んでいたシャア・アズナブル」。一流レストランの厨房でのチン毛論争。大食をなじられ、仕方なくアルバイトを始めるオバケのQ太郎などが抱腹絶倒だった。
例えばシベリア少女鉄道など、いくら手の込んだパロディをやられても、元ネタそのものがわからないので一体何が面白いのかわからなかったりする。ところがブラボーカンパニーでは、不思議なくらい自分によく分かるネタばかりが出てくる。福田雄一は年齢的には僕より少し下のはずだが、まったく同世代のようにしか思えない。一体何を見たり読んだりして育ったんだ、この人は。

残念だったのは最後に用意された「7人で再現する『ライオンキング』」。3分間ヴァージョンと銘打ちながら、実際には15分くらいあるところですでに疑問。笑いのほとんどは、あまりのスピーディーな展開に役者がついていけず、次々とドジをこなすところだが、それで15分をもたせるのはちと辛い。また大体のストーリーは知っているものの、舞台・映画ともに『ライオンキング』を見ていないので、個人的に乗れなかった部分も大きい。ただし演じられるストーリーそのものはオリジナルに忠実なので、いずれにせよパロディとしての面白さは薄いのではないだろうか。これが最後のメインディッシュになったことで、逆に自分の中では芝居全体が減点されてしまった。
ただし、すでに述べたように本日は芝居2本のハシゴなので、この頃になるとこちらのエネルギーが切れてきたせいもある。何しろ『唐版 風の又三郎』が3時間強、『ウルトラスープレックス』が2時間強。両方合わせれば何だかんだで5時間半近く。普通の芝居3本分だ。そりゃ疲れるのも無理ないだろう。しかも今回の座席が、またもや最前列の真ん中。かなり見上げる形になるし、ステージが大きいのであちこちに視線を走らせなくてはならず、その点からも必要以上に疲れた。

また今回はミュージカル風の演出がなされていて、踊りやタップダンスが随所に盛り込まれていた。踊りは特に上手いとは言えないが、趣向としては非常に楽しい。ぜひとも次回に繋げて欲しい要素だ。


次から次へと出てくるコントのアイディアも素晴らしいが、この劇団をぜひ見たいと思わせる最大の理由は、7人の役者たちだ。『ソビエト』の時にも書いたが、三十過ぎてこんなことを熱心にやり続けている大馬鹿どもが、抱きしめたくなるほど大好きだ。

皆それぞれに個性があって面白いのだが、その中でも特にお気に入りなのが山本泰弘と鎌倉太郎だ。
見るたびに『アメリカン・グラフィティ』のチャーリー・マーティン・スミスを思い出す山本泰弘。何気に大柄でいい男が揃っているメンバーの中では唯一小柄ないじめられっ子風で、いかにもアクセントになりそうなキャラ。今回もその美味しいキャラを生かして、存分に笑わせてくれる。
前作『ソビエト』は欠場だった鎌倉太郎。いや〜、この人は本当にいい。場つなぎ的なヴィデオ映像「鎌倉太郎の物まね百連発」も笑えるが、何と言っても凄いのは白塗りで演じるオバケのQ太郎(笑)。さらにポパイのパロディでは、『サンダーバードでぶっ飛ばせ!!』に続いてまたもや青汁を飲みまくる(笑)。そして今回ようやく気がついたのだが、冷静に見ると、この人かなりいい男だ。顔もさることながら、鍛えられた無駄のない肉体が、男から見ても惚れ惚れするほど美しい。なるほどいかにも無名塾出身らしいルックス(笑)。この人のシリアスな演技も一度見てみたいものだ。
今回は太田京輔もかなり目立っていたが、見れば見るほど、この人新井浩文に似ているな。一人だけ突出してオッサン臭い佐藤正和も、山本泰弘とは反対の極で芝居にアクセントを付けている。あとの3人、野村啓介、金子伸哉、蘭真人も、ルックスに強い個性がない分インパクトに欠ける嫌いはあるが、それぞれ的確に自分のパートをこなし、楽しませてくれる。


『サンダーバードでぶっ飛ばせ!!』は『レザヴォア・ドッグス』のパロディをベースにしながら、幾つもの無関係に見えるコントが最後には一つにつながるという構成。
『ソビエト』は、『そして誰もいなくなった』のような推理物のパロディ。舞台は一つに限定されていて、ストーリーはほぼストレートに進む。
そして今回の『ウルトラスープレックス』は数多くのショートコントのオムニバス。

こうして見ると、3作品とも構成がまったく違う。次ははたしてどんな手で来るのだろう。

次回は来年3月、池袋のシアターグリーン。この大馬鹿野郎たちと再会できる日が楽しみだ。


(2005年10月初出)

|

« 【演劇】MODE+近畿大学演劇・芸能専攻『唐版 風の又三郎』近大バージョン 2005.10.22 | Main | 【NGO】ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【演劇】ブラボーカンパニー『ウルトラスープレックス』2005.10.22:

» 踊る!ブラボーカンパニー「ウルトラスープレックス」 [わたしゃ、おかもち へべれけ日記]
池袋芸術劇場に、ブラボーカンパニーの公演を観に行きました。 びっくりです!! 踊ってます! 大丈夫か? 倒れるなよー。 ・・・ちょっと心配でした。 いつも、あんなに、踊る劇団じゃないので。 一生懸命踊りつつ、お話は、さくさくテンポよく流れて ずーっ....... [Read More]

Tracked on 10/23/2005 21:29

» gaytwinks cum swallowing men anal brother and sister nude [adult comic 22/11]
Hi [Read More]

Tracked on 11/22/2005 09:16

« 【演劇】MODE+近畿大学演劇・芸能専攻『唐版 風の又三郎』近大バージョン 2005.10.22 | Main | 【NGO】ホワイトバンドの収益の行方〜「ほっとけない 世界のまずしさを食い物にする奴ら」 »