« 【演劇】石村実伽という女優 | Main | 【日記】ネット上の墓標 »

09/11/2005

【映画】『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートン映画の集大成

B000CFWNLC


徹頭徹尾ティム・バートン印。

原作は有名な作品らしいので、まさかここまでティム・バートン色満載の映画になっているとは予想していなかった。設定、ストーリー、キャラクター、絵作り…『シザーハンズ』『バットマン リターンズ』『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『ビッグフィッシュ』などとの共通点を上げ始めたら切りがない。


これこそティム・バートンの魂の映画だろう。


そんなティム・バートンの魂の映画が、そのままストレートに自分にとって魂の映画になるかと問われれば、残念ながら否と言わざるをえない。

しかし一人の作家が作り上げた魂の映画には、趣味嗜好を超えた、有無を言わせぬパワーが宿っているものだ。本作もその例外ではない。


胸焼けするほど凝りまくった美術と映像。おとぎ話らしくカリカチュアされたストーリーとキャラクター。その中に時折挿入される、バートンらしいブラックでグロテスクな描写。そしてやりすぎにすら思える『2001年宇宙の旅』のパロディ…一回見ただけではとても吸収しきれない膨大な情報量だ。

だがその中から最終的に浮かび上がってくるメッセージは、笑ってしまうくらいシンプルなものだ。しかもそこにはシンプルなものだけが持ちうる力強さがあり、複雑な映像との対比が、黒人音楽のコール&レスポンスを思わせるようなドラマチックな効果を生んでいる。

ラストも馬鹿馬鹿しいほどありきたりなものだ。
だがそこに『シザーハンズ』の影が重なる時、僕は胸の中でついこう呟いてしまう。
「おかえり、エドワード」
思わず涙がこぼれそうになる。


演技の質も存在感も他の俳優と異なり、最初のうちは映画のバランスを崩しているようにすら見えるクリストファー・リー。しかしそんな彼の異物性が、クライマックスをより感動的なものにしている。見事なキャスティングだ。
そう言えば『シザーハンズ』でエドワードの生みの親を演じていたのは、ヴィンセント・プライスだった。そして『エド・ウッド』では、ベラ・ルゴシが重要な登場人物の一人として描かれていた。古典的恐怖映画に対する愛情という観点から見ても、今回のクリストファー・リーの出演は、一つの結実点なのだろう。


濃厚すぎる映像や、おとぎ話と言うにはあまりにブラックな描写の数々は、好き嫌いが分かれるかもしれない。だが個人的な趣味は抜きにして、とにかく一度は見ておくべき見事な映画だ。
少なくとも『シザーハンズ』が好きな人なら、きっと気に入ってくれるだろう。もし見ていない方がいたら、先に『シザーハンズ』を見てから、劇場に向かう事をお勧めする。


甘党ではない僕も、あの工場にだけは入ってみたい。


(2005年9月初出)

|

« 【演劇】石村実伽という女優 | Main | 【日記】ネット上の墓標 »

Comments

はじめまして。TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

>「おかえり、エドワード」
私もそう感じました。本当に、バートン節炸裂ですよね。やっぱり、こういう映画もなくちゃだめだと思います。バートン、これからも頑張れ!

Posted by: Sardanapalus | 09/11/2005 at 20:12

単純明快で表面だけ見れば
うふふと楽しんで見れるストーリー
なのに
その実かなりブラックの効いた
作品ですよね
御伽噺なのにブラック。
童話の原作にはブラックな要素があるように
子供の無邪気さゆえのブラックさのようなもの
を感じました。

Posted by: cuhasi | 09/11/2005 at 20:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85126/5887187

Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートン映画の集大成:

» チャーリーとチョコレート工場 [W.I.R.]
チャーリーとチョコレート工場のポスター すげぇアッチャンっぽい(*´д`) 凄い... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 15:17

» チャーリーとチョコレート工場 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋   本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。 ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。 そのせいで寝不足にもなり(笑) なんといっても本年度の本命なのですから。   ....... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 16:35

» チャーリーとチョコレート工場 [Akira's VOICE]
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開! [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 17:17

» チャーリーとチョコレート工場! [good life --異国文化万歳--]
とってもとっても心が躍るような映画をひっさしぶりに見れました[:ときめき:] ジョニーの映画の試写は、3作連続で当ててますの。執念です。 で、見に行くときは台風が多い・・。 予告で、ハリポタがやってて、チョウ・チャンが写真よりもっともっと 不細工めでびっくりしましたわ。ハリーは、もう青年だし。でも見に行く。 HOUSE OF WAXのキャスト紹介では、エリシャ・カスバートは「24の」 とか書かれてるのに、パリスん時は「ホテル王ヒルトンの令嬢」みたいな 紹介で、ちょっとププ〜... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 18:43

» 「チャーリーとチョコレート工場」 [試写会帰りに]
イイノホール「チャーリーとチョコレート工場」試写会。 とても楽しみにしていた作品。 冒頭、ダニー・エルフマンの音楽と舞い降りる雪。 まさしくティム・バートンの世界!  それだけで感動してしまう。 CGのチョコレート工場。機械のアームしか見当たらない単調なはずの..... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 18:47

» 『チャーリーとチョコレート工場』 [今日も映画、明日も映画♪]
   一言で言って、面白い!! 最初に観た作品が微妙だっただけに、余計に面白さが(笑) ジョニー・ディップのキャラがかなり笑えた~♪今までの役の中では、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に近い気はするけど、それ以上にハジケた感じが面白かった(^0^) 最初... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 18:48

» 映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場を観た。 ティム・バートンとジョニー・ディップと聞けば、どんな映画になるのだろう、と観る前から興味津々だ。 jams...... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 18:56

» ★「チャーリーとチョコレート工場」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウ(0:15〜)で観てきました。 夜中だっていうのに、ほぼ満員。 さすがチネチッタ川崎? さすがジョニー・デップ? それともティム・バートン監督? こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。 原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY」。 2005年製作のファンタジック・コメディ、115分もの。 あらすじ 世界一のチョコレート工場が子�... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 19:35

» チャーリーとチョコレート工場 [利用価値のない日々の雑学]
ウンパ・ルンパ族の歌と踊りを見て、思わず「木村拓哉合唱団」を思い出してしまったのは、恐らく筆者だけだと思う。そう、「チャーリーとチョコレート工場」の鑑賞は、今年下半期の大きな目玉作品のひとつであったが、何を隠そう、一番印象に残ってしまったのは、この、ウンパ・ルンパであることは間違いない。コメディでもあるが、妙に人間社会のへの風刺と少年少女への教訓がコメディ・ジャンルの範囲を超えて述べられているということは、ディズニー作品のコンセプトに該当する。ウンパ・ルンパが歌詞の中で物語の一端を担っているという面... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 19:58

» 映画「チャーリーとチョコレート工場」 [FOOD FOR SOUL]
イギリスの今年の夏休み映画といえば、「チャーリーとチョコレート工場(Charlie and The Chocolate Factory)」。日本では9月公開のようですが、イギリスでは只今絶賛公開中で、夏休み中の子供達の注目を集めています。何せバートン作品とはいえ、原作も人気のチョコレート工場の話ですからね~。 15年間も閉鎖されたまま謎に包まれている世界一大きいチョコレート工場に、ある日5人の子供達が招待されて見学にやってくるのですが、その工場主ウィリー・ウォンカ(Willy Wonka)はかなりの... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 20:06

» チャーリーとチョコレート工場  ★★★★☆ [☆★手作り程度本格未満★☆~目指せ毎日漫画イラストUP~]
☆お茶にしない?☆ 前ブログタイトル読者の方はタイトルがちょっと懐かしい感じ??w 映画 チャーリーとチョコレート工場  見てきました。 ヴァージンTOHOシネマズ 六本木ヒルズ にて。 長い文なのでめんどくさい方は太字をたどれば内容が大体つかめます この... [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 20:47

» 『チャーリーとチョコレート工場』 [ちょっと一息♪UPLOOKatHOME]
チョコ食べたい! ギブミーチョコレイトォー! これはDVDが出たら子供と一緒に見 [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 21:57

» チャーリーとチョコレート工場 評価額・1300円 [Blog・キネマ文化論]
●チャーリーとチョコレート工場を鑑賞。 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父 [Read More]

Tracked on 09/11/2005 at 23:03

» 『チャーリーとチョコレート工場』観ないと絶対ソンする!家族愛... [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
さあ、困りました。文句なくすばらしいバートン流ケッサクおとぎ話なのですが、なんせメチャめちゃ楽しくて言ってしまいたいことだらけ。ネタバレなしなのがモットーのこのブログでこれはキツイ!さあ、どこからお話ししましょうか?... [Read More]

Tracked on 09/12/2005 at 10:32

» チャーリーとチョコレート工場 [生きてるだけで儲けもの☆]
〝 さぁ、世界一オカシな工場見学へ! 〟 ティム・バートン監督 × ジョニー・デップ が織り成す 大人も子供も楽しめる夢のチョコレート工場にうっとり。 バートン監督も、ジョニー・デップも、チョコレートも大好きです。 ティム・バートン監督の映画はい...... [Read More]

Tracked on 09/13/2005 at 11:41

» Charlie and the Chocolate Factory(2005,U.S. & U.K.) [The Final Frontier]
 観てきたよ、観てきたよ、観てきたよ~囹  Charlie and the Chocolate Factory  Johnnyの�amp;塗りメイクと真っ�amp;な歯(げーのーじんは歯が命ってCMを思い出した)もいいけれど、Tim Burtonの世界にハマリまくった約2時間。  原作ではWilly Won..... [Read More]

Tracked on 09/13/2005 at 22:12

» チャーリーとチョコレート工場 [映画を観たよ]
すっごい楽しみにしていた作品! さて結果は・・・ 最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。 話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれていてウォンカさんの過去も垣間見れます。こっちの方が原作に忠実なのかな? ラストも同じだけど展開がちょっぴし違ったり。 それにしてもホ�... [Read More]

Tracked on 09/17/2005 at 11:02

» 痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ...... [Read More]

Tracked on 09/20/2005 at 08:53

» チャーリーとチョコレート工場 [欧風]
「ココアさんがすきです。でもチョコさんはも~っとすきです!」と、31アイスクリームに行っても、チョコ系のフレーバーをダブルで注文しちゃったり、ハウステンボスのチョコレートの滝をこそっとなめようとする位無類のチョコレート好きなINDYですが、そんな私が気になった映画がこの「チャーリーとチョコレート工場」。 最近観に行った映画で予告編をやっていてなんか面白そうだったし、吹替版もやるので、昨日紹介した「タッチ」と一緒に観ようと前売りを買って、日曜にマイ映画館に行くことに。 事前にスケジュールを... [Read More]

Tracked on 09/22/2005 at 00:25

» チョコレート工場にもっといたかったな [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし。ただきっと、面白い映画に違いない、と確信し....... [Read More]

Tracked on 09/24/2005 at 19:22

» チャーリーとチョコレート工場を見てきたよ [W.I.R.]
チャーリーとチョコレート工場見に行ってきました〜〜 すげ〜面白かった!! 見終わ... [Read More]

Tracked on 09/24/2005 at 22:38

» チャーリーとチョコレート工場の秘密 [エンタメ!ブレイク?]
ウンパルンパのダンスショーが きんもーかわいい! の意見に反対しま…せん ※簡潔 [Read More]

Tracked on 09/25/2005 at 19:16

» チャーリーとチョコレート工場 [シネクリシェ]
 よくも悪くもティム・バートンの俺さま映画。  組織として映画を製作するハリウッドにあって、よくぞこのような個性の際だつ作品を創れるものと感 [Read More]

Tracked on 09/28/2005 at 09:50

» チャーリー・・・といえば。 [t2o's log]
突然、コレ↓ チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2005/06/22 メディア: DVD をご紹介しなくては!! と思い立ってしまいました。   チャーリーといえば、あのウィリー・ウォンカ氏の後継者として 世界最大のチョコレート工場を経営していくまでの前半生 が映画化(チャーリーとチョコレート工場)されたばかりの話題の人物。 その彼がチョコレート工場で獲得した莫大な財産を 元手に探偵事... [Read More]

Tracked on 10/17/2005 at 22:12

» 映画 『チャーリーとチョコレート工場』 [Death & Live]
『チャーリーとチョコレート工場』 2005年 Tim Burton監督 もう去年の9月になるんだな。 諸々の都合により日劇で観ましたので、 残念ながらチョコの匂いは無かったです。 いやぁ〜、かなりおもしろかった。 これ原作読んでないですけど、どんななんでしょ? 読んでみたくなりました。 ウンパ・ルンパs なんてもうサイコーです。 Deep Roy と一緒に踊りたくなりましたね(笑) 曲もいいんですよ。シュールな�... [Read More]

Tracked on 04/15/2006 at 21:01

« 【演劇】石村実伽という女優 | Main | 【日記】ネット上の墓標 »