« 【日記】ついに買った!>アーロンチェア | Main | 【音楽】伊吹留香「序の口」「二の舞」 »

09/02/2005

【映画】『ある朝スウプは』100%純愛映画と言われても…

35417351_239


ごく簡単に。

全体的には佳作だと思うが、とりあえず疲れた。

もう一度見返したいとは思わないタイプの佳作だ。


作風も内容も『2/デュオ』『M/OTHER』など諏訪敦彦監督の作品に非常に近い。パニック障害や新興宗教といった今風なネタを基に、男女の関係が少しずつ崩壊していく過程を描いた描写は、なかなかサスペンスフルだ。絵作りを拒否したかのような映像も、二人の閉塞状況を見る者に共有させる効果を発揮している。

しかし構図もクソもない、いかにも自主映画的な映像を長時間見続けるのは、やはり少々しんどいものがある。ビデオ撮りの汚い画質ではなおさらだ。90分にわたってあの無造作な映像を見続けるのに、ある程度の苦痛を感じることは否定出来ない。


そしてあの落ちには、やはり「はあ?」と言うしかない。

「他人なんだね」…って、結論はそれか?

そんなこと言われなくてもわかってるよ。

って言うか、あんたそんなわかりきったことを描き、その台詞を最後に言わせるために90分の映画を一本撮ったの?

もちろん映画は結論となるメッセージだけで評価するものではない。「何を描くか」ではなく「どう描くか」という観点から言えば、この映画にユニークな才能を感じる事は確かだ。

それでも最後に出てくる結論が「他人なんだね」…って。


本当に知ってるってば、そんなこと。


何だかなあ…


(2005年9月初出)

|

« 【日記】ついに買った!>アーロンチェア | Main | 【音楽】伊吹留香「序の口」「二の舞」 »

Comments

他人なんだね
では終わってはないよね

Posted by: ナイ | 04/11/2008 00:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『ある朝スウプは』100%純愛映画と言われても…:

» 新たなクリエイター《ある朝スウプは》 [アロハ坊主の日がな一日]
2004年PFFアワードでグランプリ&技術賞(IMAGICA賞)受賞作品。 東京で暮らすひと組のカップルが、10月から4月までの7ヶ月間を通して、季節のうつろいとともに、次第に崩壊していくさまを定点観測のような冷徹なまなざしで追った作品。 主人公の男性、北川(廣末哲万)はパニック障害になり社会生活がままならなくなった。そしてあるセミナーに通いだし、新興宗教にはまっていく。そんな彼との日常を取り戻そうともがき、ふたりの生活を必死で堰きとめようとする彼女、志津(並木愛枝)。北川は非日常の... [Read More]

Tracked on 09/02/2005 15:27

» 『ある朝スウプは』の「液体」 [Days of Books, Films]
『ある朝スウプは』の冒頭とラスト、2度の長い長い朝食のシーンがある。2つのシー [Read More]

Tracked on 09/03/2005 00:18

» 「ある朝スウプは」 [映画感想文]
きっつい話やなあ。 観終わったあとの、いや、観ている間からの正直な感想です。 同棲している恋人がパニック障害を発症し、 救いを求めて新興宗教にはまってしまう。 自分も仕事をなくし、再就職の面接に落ち続ける日々。 そんな境遇に陥ったとき、私は恋人を思い続けられるだろうか。 新興宗教にはまるというだけで十分に別れの原因になるのに、 自分もその世界に引き入れようとされた時・・・。 志津のように、彼を元の世界に戻そうと必死になれるだろうか。 恋人・北川君がパニック障害を発症したところから物語は始ま... [Read More]

Tracked on 09/03/2005 03:52

» 「ある朝スウプは」 [映画を中途半端に斬る。]
・・・・例えば私たちが他人の中で愛をさけぶことしかできない無能な他人だとしても。 ★★★★★ ユーロスペースで夜に一回だけ単館上映されてる、低予算な映画。だけどおもしろい。 カルトにはまってしまった彼氏をなんとかひきとめようとする彼女。ある一組のカップル... [Read More]

Tracked on 09/03/2005 16:06

» 『ある朝スウプは』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
切実なリアリティに圧倒された力強い自主製作映画。 スウプ? 2人の朝食はごはんにワカメの味噌汁じゃないか。 スウプといえば、太宰治の「斜陽」の冒頭文が思い出される。 これも斜陽の物語といえるかも。終わるものは仕方ないんだ。 部屋に射し込む陽の光の眩さがせつなく・・。 ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2004グランプリ作品。 本作の高橋泉監督(73年生まれ)は、主演の廣末哲万とともに、 映像ユニット「群青いろ」を01年に結成し、20数本の作品を製作してきた。 東京の... [Read More]

Tracked on 09/19/2005 13:35

« 【日記】ついに買った!>アーロンチェア | Main | 【音楽】伊吹留香「序の口」「二の舞」 »