« 【音楽】三上ちさこ/GROUP/ART-SCHOOL/54-71 ライヴ 2005.5.31 | Main | 【映画】『シンプル・プラン』短評 »

06/09/2005

【映画】『スペース・カウボーイ』短評

穴はある。ありすぎるくらいある。しかしその穴の空き具合がいかにもイーストウッド(笑)。そういう欠点まですべて含めて、実に愛しい映画である。

これは『M:I-2』がトム・クルーズのオレ様映画であったのと同様に、監督イーストウッドにとってのオレ様映画だろう。一見主役を食っているかのごときトミー・リー・ジョーンズやドナルド・サザーランドも、所詮はお釈迦様の手の平で暴れる孫悟空。イーストウッドの男の世界を表現する小道具に過ぎない。

こういう大人物の表現に細かな突っ込みをすることは無意味だ。と言いつつ、前半と後半で作風が違い過ぎないか?と言いたくはなるのだが、まあ「一粒で二度おいしい」サービス精神の表れということにしておこう(笑)。


(2000年12月初出/2001年1月改訂)

|

« 【音楽】三上ちさこ/GROUP/ART-SCHOOL/54-71 ライヴ 2005.5.31 | Main | 【映画】『シンプル・プラン』短評 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『スペース・カウボーイ』短評:

« 【音楽】三上ちさこ/GROUP/ART-SCHOOL/54-71 ライヴ 2005.5.31 | Main | 【映画】『シンプル・プラン』短評 »