« 【映画】『シンプル・プラン』短評 | Main | 【映画】『トロイ』ダイナマイトムービー »

06/10/2005

【映画】『デッドコースター』ショッカー映画の傑作

前作『ファイナル・デスティネーション』は一部で評判を呼んだ傑作スリラーだった。脚本・演出共に見事で、あの手の映画が好きな人間にはたまらない出来となっていた。
その続編となる、この『デッドコースター』Final Destination 2 だが、監督も脚本も違う人なので、ちょっとどうかな…と思いつつ見に行ったら、これが大当たり。前作に優るとも劣らない傑作に仕上がっていた。

ただし作品のニュアンスは少々異なっていて、前作がスリラー/サスペンスの色が濃い作品だったのに対し、こちらはショッカー/アクション(スペクタクル)の色が濃くなっている。2作目でそういう派手な方向に向かうのは良くある話だが、僕などはその手の心理的サスペンスを欠いた虚仮威し映画が大嫌いで、大抵の場合鼻でせせら笑う事になる。
ところがこの作品は違った。心理的なサスペンスはしっかりと維持しつつ、映画的により派手な見せ場を次々と繰り出す事に成功している。そういう意味では前作を超えていると言っていいだろう。

まず最初のハイウェイ事故のシーンに誰もが度肝を抜かれるはずだ。前作の飛行機事故も生々しくて怖かったが、今回はその比ではない。思わず背筋が凍りつくようなショックの連続。ここで誰もが映画に引き込まれてしまう事確実だ。

その後は前作同様、事故から助かった人たちが一人一人死に神の魔手にかかっていくのだが、これがまた何と言うか… 『マラソン・マン』でローレンス・オリヴィエがダスティン・ホフマンの歯の神経をキリキリと痛めつけていたが、それを思い起こさせるような「痛そう」な描写ばかり。見た目も派手なのだが、それ以上に「どうすれば見る者の精神を集中的に痛めつけられるか」を考え抜いたアイディアばかり。その予兆の見せ方とはぐらかし方、気を抜いた所でいきなりドンッと来る演出が実に上手い。残酷シーンの見せ方/隠し方のバランスも絶妙だ。
とりわけ秀逸なのは、あの歯医者の一連のシークェンス。今言った予兆の見せ方(それだけでいや〜な気分になる)とはぐらかし方、そして最後のドンッ!が、完璧な形で成功している。

念のために言っておくと、本作のショックシーンは、その大部分(約80%)が予告編で使われている。普通なら、そういう場合「何だ、これ全部予告編で見たよ」で終わってしまうものだ。ところがこの映画はそうならない。すでに予告編で見たワンショットワンショットが、その前後とのつながりやリズム感によって、予告編に倍する恐怖をもって迫ってくる。断片の映像ではなく、一本の映画として、いかに見事であるかという証だ。

ただ難点を言うと、前半部に見事なシーンが並びすぎて、後半は少々息切れしてくる。その分残酷な描写をエスカレートさせたりしているが、どう頑張っても前半のテンションは回復出来ないままだ。
とは言え、普通のホラー/サスペンスものの基準からすれば、かなり上出来であり、一本の映画としてバランスを崩すところまではいっていない。前半の貯金だけで十分「傑作」と呼ぶに値する、先行逃げ切り型の作品だ。
ただし見た直後には「このブラックユーモアはやり過ぎだよ」と苦笑したラストが、なぜか見終わった後まで、非常に強く印象に残っている。やはりあれはあれで見事な幕切れだったという事だろう。


僕はこの手の映画が結構好きでよく見ているし、すでに書いたように虚仮威しのショッキング描写は鼻でせせら笑ってしまう方だ。その僕が前半はあまりの緊張感に胃が痛くなるのだから、冗談抜きに、見る時はそれなりの覚悟をしておいた方がいい。気の弱い人にはとても薦められない、ショッカー映画の傑作だ。


なお原題の『Final Destination 2』は『Final Destination』の続編という意味からすればその通りだろう。だが前作は飛行機旅行だったから「最終目的地」というタイトルにそれなりの含みが感じられたが、今回はそのタイトルがちょっと浮いている感じがする。むしろ邦題(和製英語、と言うかほとんど造語)の『デッドコースター』の方が、見終わってみると作品の雰囲気を上手く伝えているように思う。


それにしても…『デッドコースター』と『バトル・ロワイアルII』という皆殺し映画(笑)の続編2本を立て続けに見ると、さすがにちょっと感覚が麻痺してくるな(苦笑)。


(2003年7月初出)

|

« 【映画】『シンプル・プラン』短評 | Main | 【映画】『トロイ』ダイナマイトムービー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『デッドコースター』ショッカー映画の傑作:

» デッドコースター [Rohi-ta_site.com]
DVDでA・J・クック、マイケル・ランデス出演の「デッドコースター」を観ました。 ●ストーリー キンバリー(A・J・クック)は仲の良い友達3人と車でデイトナビーチへ向け、ドライブ旅行に出かけるがハイウェイを運転中に、自動車事故に関係する色々な不吉なサインを目にし胸騒ぎを覚える。 嫌な感覚の中、キンバリーは運転を続けるが、コンボイトラックが彼女の車を追い越し、数台前のパトカーの前に出た瞬間、荷台から積荷の丸太が崩れ落ち、すぐ後ろを走っていたパトカーの運転席を直撃し、警官のトーマス(マ..... [Read More]

Tracked on 08/28/2005 17:44

« 【映画】『シンプル・プラン』短評 | Main | 【映画】『トロイ』ダイナマイトムービー »