« 【演劇】ク・ナウカ『マクベス』2004.11.14 | Main | 【映画】『イン・ザ・ベッドルーム』戦慄のホームドラマ »

05/08/2005

【映画】『ライブ・フレッシュ』短評

見る前の予想とは全然違う映画だった。すごくドロドロネチョネチョした作品だろうと思っていたら、ある意味非常に真っ当なラヴ・ストーリー、真っ当な人間ドラマではないか。恥ずかしながらアルモドバルの映画は、これが初体験なのだが、いつもこんな感じなのだろうか?

原作については何も知らないが、とにかく先の予測がつかないストーリー展開が面白すぎる。と言っても大向こうをうならせる仕掛けがあるわけではないし、大げさなテーマや、これ見よがしの泣かせどころがあるわけでもない。しかし主要な登場人物一人一人のキャラクターがとても丹念に描かれているため(正確に言えばサンチョだけが少々物足りない)、彼らの行動に素直に感情移入が出来る。
これについては役者の魅力も大きいだろう。とりわけ主演のリベルト・ラバルとフランチェスカ・カネリ! 最初の内はアクの強さに辟易していたのに、それが次第に魅力的に見えてくるのはなぜだ? 2人が結ばれるシーンでは、そのエロティックな描写による「官能」もさることながら、えも言われぬ「感動」で胸がいっぱいになる。あのラストのモノローグにも涙が出そうになった。どうしようもなくややこしく、どうしようもなく皮肉な人生を描いておきながら、最終的には人生に対する強い肯定で終わるあのラストの、何という素晴らしさ。

アルモドバル映画は、他の作品もこれくらい見事なものなのだろうか? だとすれば、今まで食わず嫌いで見ようとしなかったのは、とんでもない損失だったことになる。客の入りは今一つのようだが(確かに宣伝のしようがない作品ではある)、これは必見の傑作だ。


(1998年9月初出/2001年1月改訂)

|

« 【演劇】ク・ナウカ『マクベス』2004.11.14 | Main | 【映画】『イン・ザ・ベッドルーム』戦慄のホームドラマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『ライブ・フレッシュ』短評:

» 1998年9月12日(土) 「スライディング・ドア」「ライブ・フレッシュ」 [カンガルーは荒野を夢見る]
 有楽町スバル座で「スライディング・ドア」(no.134)を観る。  主演が「セブン」「大いなる遺産」のグウィネス・パウトロウ(なんて発音しにくい名前だ)。「大いなる遺産」から彼女にハマリつつある。女優で映画を観るのは、アネット・ベニング主演の「めぐり逢い」以来だ..... [Read More]

Tracked on 09/09/2005 15:27

« 【演劇】ク・ナウカ『マクベス』2004.11.14 | Main | 【映画】『イン・ザ・ベッドルーム』戦慄のホームドラマ »