« 【映画】『アイデン&ティティ』愛しい | Main | 【演劇】ク・ナウカ『サロメ』 2003.7.26 »

04/28/2005

【映画】『真夜中の弥次さん喜多さん』さんでえ まんでえ てやんでえ

『真夜中の弥次さん喜多さん』、しりあがり寿の原作漫画はすべて読んでいるし、天野天街による舞台劇も見ている。しかしこの映画版は、長瀬智也が弥次さんというのが引っかかっていたし、最初に聞いた評判がひどいものだったので「ああ、やっぱり駄目か」と思って、見るのをやめようかとさえ思った。
それでも回りの評判がいいので、とりあえず見てみると、これが「傑作」と言っていい見事な出来映え。宮藤官九郎にこれほど監督としての才能、とりわけヴィジュアルセンスがあるとは思いもよらなかった。見事な監督デビューに拍手を送りたい。

具体的なストーリーは大部分映画のオリジナルなのに、描かれている世界は紛れもなくあの『真夜中の弥次さん喜多さん』というところが、まず凄い。天野天街がそうであったように、クドカンも見事な換骨奪胎によってしりあがりの漫画を独自の表現へと昇華し、結果的に弥次喜多ワールドを拡大することに成功している。脚色の鑑と言ってもいい仕事だ。
内容は原作同様ぶっ飛んだシチュエーションの連続。それをよくあそこまで真っ向から映像化できたものだと思う。「現実よりもリアルなファンタジー」と言うべきか。製作費も予想以上にかかっているようだが、絶対ありえない話や設定を「ありえるのだ!」と確信を持って描いた演出が最大の成功要因だろう。こういう作品は、照れたりおちゃらけたりしたら途端に安っぽくなる。「ありえるのだ」という確信から全てが始まる…これは作品のテーマとも重なっていることだ。

豪華極まりない出演陣も凄い。彼らが出ていることがではなく、そのほとんどがしっかりした見せ場を持ち、自分の個性を画面に焼き付けているところがだ。
その中でも図抜けて凄いのは、言うまでもなく荒川良々(笑)。凄いとか凄くないとか言うレヴェルを超越して凄い。この映画が荒川良々の生涯の代表作となることは間違いないだろう。他の何を忘れても、あの三途の川の源流だけは忘れようがない。子供が見たら絶対トラウマになるぞ。

そんな豪華な脇役たちに囲まれながら、作品の屋台骨をしっかりと支えた長瀬智也と中村七之介も賞賛に値する。特に長瀬智也は、原作の弥次さんとは少々イメージが違うものの、彼なりの弥次さん像をぶれなく表現しており、十分に評価できる。中村七之介の喜多さん、限りなく原作通りで、そのはまりっぷりがお見事。


欠点としては、あまりにも強烈なイメージの連続に加え、演出もほぼ押しの一手なので、見ていてかなり疲れること。終映後すぐに、近くに座っていた女の子が「疲れる映画だった…」と呟いた時には、「ああ、そう感じたのは自分だけじゃなかったのか」と納得してしまった。そのような欠点は、テリー・ギリアムの映画に通じるものがある。
また原作漫画と舞台版ではかなり濃厚だった「生と死」に関するテーマは、だいぶ薄められている。最後に一応それらしい要素は出てはくるものの、あまり深く描かれているわけではない。だがそれによって作品のバランスが崩れているわけではない。そもそも映画版の中心的なテーマは「生と死」ではなく「愛」の方だろう。弥次さんと喜多さんの愛情は原作以上に強く描かれているし、弥次さんと妻のエピソード、それと交錯するARATAと麻生久美子夫婦のエピソードがクライマックスにくるのも、そのためだと思う。
ところであの「相手のことを強く思うことによって死んだ相手を具現化する」というモチーフは、しりあがりの漫画よりも、永井豪の『バイオレンスジャック』ハイパーグラップル編における凄ノ王や門土&竜馬がネタ元のような気がしてならない。


わずかな欠点はあるものの、全体としては十分傑作の名に値する。本年度の日本映画を代表する一本となるだろうし、時代劇の怪作かつ快作として、将来『真田風雲録』などの系譜で語られることになるだろう。

とりあえず一度見てみることをお勧めする。好き嫌いはあるだろうが、印象に残るという意味では、これほど印象に残る映画も数少ないはずだ。


また本作は、ストーリーの面から言えば漫画『真夜中の弥次さん喜多さん』の忠実な映画化とは言いにくい。あの漫画には、まだ何本でも映画を撮れるだけの豊富な素材が眠っている。続編という形であれ、まったく別のスタイルによる映画化であれ、あるいはテレビドラマであれ、これを機会に様々な弥次喜多が登場してくれたら嬉しいものだ。その内の1本は、ぜひとも天野天街に撮らせてほしい。


(2005年4月初出)

|

« 【映画】『アイデン&ティティ』愛しい | Main | 【演劇】ク・ナウカ『サロメ』 2003.7.26 »

Comments

TBさせていただいた”ちゅ~やん”です。

中村七之介の喜多さん。
アレなしではこの映画は
並のモノになってしまったでしょうね。

Posted by: ちゅ~やん | 05/03/2005 07:39

ヤジキタ、私も見ることをためらったくらいです。
友達がすごい馬鹿馬鹿しかったというので(笑
でもその馬鹿馬鹿しさが私はすごく好きになっちゃいましたー♪
みんな個性を出しててよかったですよね。

Posted by: りえこ | 05/28/2005 12:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『真夜中の弥次さん喜多さん』さんでえ まんでえ てやんでえ:

» 映画◆「真夜中の弥次さん喜多さん」◆ [◆はりねずみ丼◆]
先日、「真夜中の弥次さん喜多さん」を観てきた。 しりあがり寿(5+2=7)原作 [Read More]

Tracked on 05/03/2005 07:22

« 【映画】『アイデン&ティティ』愛しい | Main | 【演劇】ク・ナウカ『サロメ』 2003.7.26 »