« 【映画】『X−メン』男の子の血が騒ぐ | Main | 【映画】『グリーンマイル』短評 »

03/08/2005

【映画】『うちへ帰ろう』 いい映画だよ

家族の話である。


一度は崩壊した家族が、過去の過ちを見据え、幾つもの痛みを乗り越えながら、その絆を取り戻していく話である。


新しい要素はほとんど何もない。テーマにも、ストーリーにも、演出にも、キャラクターにも、演技にも。

だがそこには「人間」がいる。
愚かで、不完全で、哀しくて、滑稽で、そして愛しい「人間」がいる。


そんな人間たちを見つめる作者の視点は、どこまでも登場人物と同じ目線に立っている。愚かな人間を見下すこともなければ、その愚かさを甘やかしたり、美化したりすることもない。その愚かさや哀しさを、どこまでも自分自身の愚かさや痛みとして引き受けている。その誠実さが、この作品に掛け替えのないリアリティを与えている。

この作品は間違いなく「切れば血の出る映画」だ。家族の崩壊と再生というテーマは、ある程度万人に受け入れられるものだけに、多少型どおりの描き方をしてもそれなりに通ってしまう。事実そういう映画は山ほどある。だがこの作品にはそんな「型」に頼った部分がない。要素としてはすべてどこかで見たようなものばかりでも、隅から隅まで「これは自分自身の物語だ」という切実さが溢れている。それがこの作品を、凡百のファミリー映画とは一線を画すレヴェルに押し上げている。


映画を見ていて、「自分が脚本家だったらこうしたのに」「ああ、こんな作品の監督ならぜひやってみたい」などと思うことは、さして珍しいことではない。だがこの作品を見ていて、僕は痛切に「ああ、こんな映画に役者として出てみたい。ぜひこんな台詞を口にしてみたい」と思った。僕がこんな思いを抱くことは、まず数年に一回もない。
それほどこの映画に出てくる役者たちは身近であり、その口から出てくる台詞は自然だった。それを見ていて、僕は「どうしてもこの連中の中に入っていきたい。この連中と一緒に笑ったり泣いたりしたい」そう思ったのだ。「作者」として物語をどうこうしたい、ではない。「登場人物」としてこの連中と一緒に時間を過ごしたい…そう思ったのだ。


「家族」の映画は古今東西山のようにある。その中にはこの作品以上の名作もあると思う。過去の様々な名作と比べた場合、この作品は少々地味だし、あらゆる人間をねじ伏せるような力強さには欠けている。
すべての場面が映画として完璧で、思わず溜息が出るほど芸術的な作品でもない。技術的な革新性とは無縁だし、この映画を見た後、それまでの世界観が一変するようなこともまずないと思う。

そういう意味では、本作は「絶対に見るべき映画」とは言い難い。この作品の代わりになるものは他にもあるだろう。この作品を見逃したことで、あなたの人生が大きく変わることも多分ないと思う。


でもやっぱり、見た方がいいと思う。


だってこれは「とてもいい映画」なんだから。


(2000年9月初出)

|

« 【映画】『X−メン』男の子の血が騒ぐ | Main | 【映画】『グリーンマイル』短評 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『うちへ帰ろう』 いい映画だよ:

» 映画「うちへ帰ろう」 [私らしく・・・]
GW最終日。 「うちへ帰ろう」という映画を又観たくなってレンタル。 2000年に公開されてシネスイッチ銀座へ観に行った。 そのちょっと前、同じ場所で「サルサ!」を観に行って(これもなかなかいい映画でした)その時に劇場内で宣伝ポスターやチラシを観てボストンの紅葉がとてもキレイだったのが印象的で、友達を誘って観に行った映画。 一言で言ってしまえば家族愛の話。 キャストもまったく名前を知らない人ばかり。ボキャブラリ... [Read More]

Tracked on 05/08/2005 12:18

« 【映画】『X−メン』男の子の血が騒ぐ | Main | 【映画】『グリーンマイル』短評 »