« 【映画】『ガタカ』短評 | Main | 【映画】『グラディエーター』短評 »

03/01/2005

【映画】『ユンカース・カム・ヒア』 騙されたと思って見てみよう

まず本作の唯一の問題点を指摘しよう。

それはこれだけ高度な内容(「難解」というのではなく、あの人間心理
の綾は、やはりある程度の年齢にならないと理解しきれないと思う)を
持ったアニメでありながら、その絵柄やポスターなどのコンセプトが、
どう見ても単なる子供向けほのぼのアニメにしか見えないこと。
例えば『人狼』であれば3秒映像を見ただけで、誰でも「これは完全な
大人向けアニメだな」と理解できる。一方こちらは、いくら口で「とても
いい映画だ。内容的にはほとんど大人向けだ」などと言われたところで、
このような絵柄や、子度向けとしか思えぬイメージを持った作品を見ようと
する大人が、はたしてどれだけいることだろう? 本来ならこのような
作品は、評論家やマスコミの後押しによって、その真価を伝えられるべき
作品と思うのだが、これではおそらく評論家も試写に足を向けようとは
思うまい。マーケティングと言う見地から言えば、まったくのダメダメ
作品。本作が劇場公開時にほとんど話題にならなかったのも、当然と言えば
当然過ぎる。

そして弱ったことに、映画が始まるや、その違和感は消失するどころか
かえって増幅されることになる。何しろ背景は「サザエさん」並に動か
ないし(笑)、作品全体のトーンからすると、あのオープニングのほの
ぼの/のんびりした感覚には、大きな違和感を感じずにはいられない。
特にひろみとユンカースが最初に部屋に入ったときのやり取り(その演
出)など、妙に子供向けのタッチで、思わず「ああ、朝っぱらからこんな
もの見に来て失敗だったか」と思ってしまった。もしテレビをたまたま
付けてあのオープニングが流れてきたとしても、そこから先を見てみようと
する大人はほとんどいないに違いない。さらに言えばアフレコの声も、
普通のアニメの感覚からするとひどく表情に乏しく、とっつきにくい。
まるで小津安二郎映画の会話をアニメでやっているみたい。もちろん
あれは意図的なものだと思うが、最初の内はかなり異様な感じがした。


しかし…30分を過ぎたあたりからだろうか? それまで平板な印象だ
った映画が、俄然生気を帯び、子度向けアニメの枠を乗り越えた本格的
な「ドラマ」としての姿を現すことになる。


本作のドラマとしての側面は主に二つある。一つは主人公ひろみの初恋
を中心とした「思春期映画(プレ青春映画)」としての側面。もう一つは
90年代における優れた「家族再生ドラマ」としての側面だ。前者の初々
しい描写も素晴らしいが(あの尾行シーン、最高)、クライマックスと
なるのは後者の方だ。

その時代の家族の崩壊状況/コミュニケーションの破綻を描いたという
意味で、本作を90年代の『東京物語』と賞賛する声は、決して的はずれ
ではない。だがそれ以上に僕が本作のクライマックスで想起したのは
『シックス・センス』だった。僕は『シックス・センス』をそれほど
高くは買っているわけではない。最大の理由は、あの少年が自らの能力
を受け入れ、母親とコミュニケーションを通わせることになるクライマ
ックスがひどく唐突で、説得力に欠けるものとして映ったからだ。あん
なことで解決するなら、今まで何をお前は悩んでいたんだ!と言いたく
なる。とても安易で曖昧な結末だと思う。『ユンカース・カム・ヒア』
のクライマックスは、ある意味『シックス・センス』のそれに非常に
よく似ている。だがその説得力、繊細な演出、そして感動の強さは『シ
ックス・センス』を遙かに凌駕している。

先ほど本作の核となるドラマを二つに分けたが、念のために言うと、その
二つは決して分裂しているわけではない。「人間の言葉を話し、三つの
奇跡を起こせるユンカース」という犬の存在も含め、この作品は幾つもの
主旋律・副旋律が絡み合いながら、その全てが「思いを言葉にして伝える
ことの大切さ」というテーマへ結実していく。
もちろん思いを言葉にすることで全てが解決するわけではない。だがその
結果として生じる痛みや哀しみもすべて踏まえた上で、この作品は人と人
のコミュニケーションを優しく肯定していく。ひろみを取り巻く環境は
必ずしも改善されたわけではなく、問題がすべて解決されたわけでもない。
にも関わらず、見終わってとても穏やかな感動に身を委ねられるのは、
本作のメッセージがすべての人に対して開かれており、見る側もそれに
対して自分の心を静かに開くことが出来るからだろう。


本作のドラマが大人向けであることは確かだが、僕の隣に座っていた8歳
くらいの女の子たちが見終わってすぐに「面白かったね〜」と言っていた
とおり(でもクライマックスでトイレに行かないよう、オシッコは見る前
に済ましておこうね(^_^;)>君たち)、子供にも十分にアピールする面白さ
を持っている。そしてひろみと同じ世代の子供(小学校高学年〜中学校)に
は、思春期映画としての要素がきっと受けるに違いない。ドラマの核と
なる部分はまだ理解できなくても、大人になって見直したとき、そのドラ
マの奥深さに改めて感動できる…それはとても幸福な映画体験であるに
違いない。

(2000年8月初出/2001年1月改訂)

|

« 【映画】『ガタカ』短評 | Main | 【映画】『グラディエーター』短評 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【映画】『ユンカース・カム・ヒア』 騙されたと思って見てみよう:

« 【映画】『ガタカ』短評 | Main | 【映画】『グラディエーター』短評 »