« 【映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』 自己中心野郎を美化した許し難い映画 | Main | 【演劇】ク・ナウカ「僕らが非情の大河をくだる時」 2005.2.19 »

03/01/2005

【演劇】ベターポーヅ「しみひとつない」 2005.2.5

ベターポーヅ「しみひとつない」(THEATER/TOPS)

2005年2月5日(土)


風邪を押して見にいったベターポーヅの「しみひとつない」。

見にいかなければ良かった… _| ̄|○

解説のごあいさつにはこんなことが書いてあった。


> 1.シリアスなんだかナンセンスなんだかわからない。
> 2.舞台上の誰に視点を置いて観ればいいのかわからない。
> 3.クライマックスを作らない。
> 4.しかし不条理にはしない。
>
> こんな引き算ばかりで果たして演劇は成立するか?
> そう考えて作ったのがこの「しみひとつない」です。
> 今回の再演にあたり、少し手を入れましたがほぼ当時のまま。
> メッセージよりも方法を伝えたいと思った。


なるほど、このような目的意識を念頭に置いて見れば、作者の目論みは十分に
成功していると言える。

問題は、その目的意識や、実際に出来上がった作品が、私の感性と1ミリたり
とも触れあう部分がなかったことだ。

上の1から4を満たした作品でも、自分にとって面白い作品は確実にあると思う。
しかしこの作品に関しては、何一つ面白くなかった。風邪薬を飲んでいたせいも
あって終始睡魔との闘い。3000円をドブに捨てた気分だ。

しかしこれは作品が悪いのではない。この作品はいわゆる愚作、失敗作とは
違う。ただ「私が見るべき作品ではなかった」、それだけのことだ。

わざわざ金を払って見たものが、自分とはまったく無関係な作品。一方、応募
したことさえ忘れていたチケットプレゼントに当たりタダで見た「乙女の国」
には、今も引きずるほどの大きな感動を覚えた。「乙女の国」など、チケプレに
当たらなかったら、絶対に見ることはなかっただろう。


芝居との出会いは本当に難しい。

映画や音楽よりも遙かに難しく、リスクが大きい。

それだけに思いがけない出会いを経験した時の感動は、他のどの芸術よりも
大きいのだが。

(2005年2月初出)

|

« 【映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』 自己中心野郎を美化した許し難い映画 | Main | 【演劇】ク・ナウカ「僕らが非情の大河をくだる時」 2005.2.19 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【演劇】ベターポーヅ「しみひとつない」 2005.2.5:

« 【映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』 自己中心野郎を美化した許し難い映画 | Main | 【演劇】ク・ナウカ「僕らが非情の大河をくだる時」 2005.2.19 »